「オール・ユー・ニード・イズ・キル」特報公開 桜坂洋・原案×トム・クルーズ主演 2014年7月公開  | アニメ!アニメ!

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」特報公開 桜坂洋・原案×トム・クルーズ主演 2014年7月公開 

ニュース

日本のSF作家・桜坂洋の傑作小説が、ハリウッドのビッグムービーとなる。2014年7月に映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が公開となる。
その日本語版特報が2013年12月に公開された。主演は圧倒的な人気を誇るハリウッドスターのトム・クルーズ、共演に『LOOPER/ルーパー』や『プラダを着た悪魔』で活躍するエミリー・ブラント、そして監督は『Mr.&Mrs. スミス』、『ジャンパー』のダグ・リーマンと大物揃いの映画だ。

しかし、何より注目されるのは、原案となった小説『All You Need Is Kill』だろう。2004年に集英社ダッシュ文庫から刊行された本作は、侵略者のロボットと戦う主人公が何度も死んでは死の直前に戻り、同じ時間をループし続け、そのなかで成長をするという少し変わったストーリーだ。
本作は2009年に米国の日本作品の翻訳出版社VIZ MediaのSFレーベルHAIKASORUから英語版が刊行されたのをきっかけに北米で知られるようになった。これを脚本家ダンテ・ハーパが脚本とし、2010年にその映画化権をワーナー・ブラザースが300万ドル近い高額で獲得した。脚本1本に300万ドルとその金額が米国映画界で大きな話題を呼んだ。

ワーナーの映画化権獲得報道からおよそ4年、いよいよ本作が2014年に劇場公開、さらにその映像の一部が公開されたわけだ。日本のマンガやアニメからのハリウッド映画化、映画化権獲得はこれまでにもあるが、エンタテインメント小説では珍しい。
また、日本コンテンツのハリウッド映画化権獲得や企画は、ここ10数年の数限りなく報道されているが、実際に大作として映画化されるのは極めてまれだ。『All You Need Is Kill』がそうした障害を乗り越えたのは、ダンテ・ハーパの脚本への高い評価だという。もちろん、それは桜坂洋の小説のチカラ、それを存分に伝えた翻訳者のチカラだろう。
実際に映画は『All You Need Is Kill』を原案とすると同時に、主人公の名前が同じケイジであることを初め小説の持ち味を色濃く反映している。出撃と戦死がループされる謎めいたストーリーも共通だ。



今回、公開された特報では、侵略者から襲撃、近未来の地球、クルーズ演じるウィリアム・ケイジ少佐の奇妙なタイムループが描かれている。しかし、特殊部隊の軍人であるリタ・ヴラタスキとの出会いがこのループに新たなドラマを持ち込む。
日本版特報では、「エヴァンゲリオン」シリーズの綾波レイ役などで知られる林原めぐみがナレーションをしているのも見逃せない。
国内では年明け2014年1月9日発売号の「週刊ヤングジャンプ6・7合併号」(集英社)でコミカライズの連載も開始する。『DEATH NOTE』、『バクマン』などで知られる小畑健さんが描く。2014年夏公開に向けて大きな話題を呼びそうだ。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
2014年7月、2D&3Dロードショー
配給: ワーナー・ブラザース映画

監督: ダグ・リーマン 
原案: 桜坂洋

[キャスト]
トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー
ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリー、ジョナス・アームストロング
フランツ・ドラメー
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 桜坂洋のSF小説 ワーナーが映画化権獲得と報道 画像 桜坂洋のSF小説 ワーナーが映画化権獲得と報道
  • 原作・桜坂洋「All You Need Is Kill」 トム・クルーズ主演で2014年3月米国公開 画像 原作・桜坂洋「All You Need Is Kill」 トム・クルーズ主演で2014年3月米国公開
  • 北米の日本SFレーベル「ハイカソル」 7月スタート桜坂洋、小川一水で 画像 北米の日本SFレーベル「ハイカソル」 7月スタート桜坂洋、小川一水で

特集