「パシフィック・リム」BD 発売初週で9万8000枚販売 TSUTAYAレンタルでも1位 | アニメ!アニメ!

「パシフィック・リム」BD 発売初週で9万8000枚販売 TSUTAYAレンタルでも1位

ニュース

12月11日に発売となった『パシフィック・リム』のBlu‐rayが、映画に続き大ヒットのスタートを切った。ビデオセルの売り上げが発売初週で1位になったほか、レンタルランキングでも1位となっている。
ワーナー・ホーム・ビデオ/デジタル・ディストリビューションは、11日に「【初回限定生産】パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット(3枚組)、「【初回数量限定生産】パシフィック・リム3D&2D ブルーレイセット(3枚組)」、「【10000BOX 限定生産】パシフィック・リム イェーガー プレミアム BOX 3D付き(4枚組)」の3商品を発売している。レンタルサービスも同日開始している。

まず「【初回限定生産】パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット(3枚組)」が、12月23日付(12月9日~12月15日)のオリコンBDランキングのトップに立った。売上枚数は7万4000枚で、これは2013年に発売された映画BDの初週売上枚数のトップとなる。
また、「パシフィック・リム3D&2D ブルーレイセット」は総合4位、「10000BOX 限定生産 パシフィック・リム イェーガー プレミアム BOX 3D付き」が総合6位である。3アイテム同時トップ10入りとなる。
売上枚数はそれぞれ1万6000枚と8000枚、初週の売上合計は9万8000枚と、およそ10万枚のスタートを切ったことになる。なかでも1万セット限定の「パシフィック・リム イェーガー プレミアム」が、税込9800円と高額ながら早くも8割を消化している。

また、レンタルでは、国内レンタルの最大手TSUTAYAのDVD/ブルーレイ レンタル週間ランキング(12月9日~12月15日集計)で、初登場1位だ。BDの購入はコアな映像ファンが多いが、レンタルは一般層の利用が多い。セルとレンタルの同時1位は、『パシフィック・リム』の人気が幅広い層に広がっていることが判る。

『パシフィック・リム』は、今年8月9日全国公開、ハリウッドの奇才ギレルモ・デル・トロが監督した。怪獣と巨大ロボットの戦いをアクションとスペクタクルで描く、その映像は早くから大きな注目を集めいていた。
また、ギレルモ・デル・トロ監督が日本のアニメや、特撮好きということもあり、随所に日本の特撮に対するオマージュやリスペクトが溢れているのも話題だ。そうした人気が映像ソフトでのヒットにもつながったかたちだ。

『パシフィック・リム』
/http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/



[ブルーレイ&DVD]
【初回限定生産】パシフィック・リム ブルーレイ&DVD セット 3枚組
税込 3980円
【初回数量限定生産】パシフィック・リム 3D&2D ブルーレイセット 3枚組
税込 6980円
【10,000BOX限定生産】パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き 4枚組
税込 9980円
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集