OVA30回目の誕生日 2013年12月16日にもう一度観たい作品 | アニメ!アニメ!

OVA30回目の誕生日 2013年12月16日にもう一度観たい作品

ニュース

12月16日は、何の日かご存知だろうか?実はこの日は、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)の誕生日にあたる。1983年12月16日に、世界初のOVA作品『ダロス』はリリースされた。つまり、2013年12月16日は、1983年にスタートし、80年代後半から90年代に独自の文化を築いたOVAの満30周年にあたる。
『ダロス』は、月面都市を舞台にした本格的SF作品だ。原作を故人となった『科学忍者隊ガッチャマン』の鳥海永行さん、監督は『うる星やつら』の押井守さんが務めた。アニメ制作は当時設立4年目のスタジオぴえろが手がけている。

重量級のスタッフが、本作をアニメ史に残る記念碑とする。しかし、世界初のOVAという点でもアニメ史に大きな足跡を残す。
それまでのアニメは、テレビ放映された作品と劇場映画が中心となっていた。1980年代初頭にはアニメビデオはすでに普及期に入っていたが、そのタイトルはテレビ作品や映画の商品化だった。
そうしたなか『ダロス』は、ビデオオリジナルの企画がビジネスとして成立することを示し、アニメ界に一石を投じた。OVA作品が、テレビや映画の枠組みでは難しい、特定のファンに向けた企画に向いていることが明らかになった。。

OVAは1980年代半ばから1990年代にアニメ文化の一大ムーブメントとなり、現在の日本アニメの特徴である多様な作品の基盤となった。その後、コアなファンに向けたアニメというOVAの伝統は、深夜アニメ、そして劇場イベント上映などに受け継がれていく。
現在の日本のアニメの豊かさは、30年前の今日、1983年12月16日にあったと言っても言いだろう。

□ OVA誕生30周年を記念して、アニメ!アニメ!編集部が、いま振り返りたいOVA10本を選んでみました。「あの作品を忘れるな!」などの突っ込みどころは満載ですが、OVA作品を振り返るきっかけになれば幸いです。

■ アニメ!アニメ!編集部が選んだ、いま振り返りたいOVA10本は次のページ

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集