「京騒戯画 零巻」BD/DVD発売 テレビ版の原点となった配信版を収録 | アニメ!アニメ!

「京騒戯画 零巻」BD/DVD発売 テレビ版の原点となった配信版を収録

ニュース

アニメ『京騒戯画 零巻(VOL.0)』のBlu-rayとDVDが、12月6日、東映ビデオよりリリースされた。10月からテレビ放送中の人気アニメ『京騒戯画』の初のBD、そしてDVDである。
零巻としているのは、本アイテムが今回のテレビシリーズ本編でなく、2011年と2012年の配信版を収録しているためだ。『京騒戯画』の原点をたっぷりと楽しむ一枚となる。

『京騒戯画』は2011年に、バンプレストと東映アニメーションが初タッグを組んで始動した。時間の止まった京都≒鏡都を舞台とした群像絵巻、聖地ファンタジーで、奔放なキャラクターたちがアクションを繰り広げている。監督を務める松本理恵さんは25歳の時に『映画ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー…ですか!?」でデビューを飾った新鋭だ。
作品のリリースはまずネットでの配信から始まった。2011 年には5分のプロモーション映像、さらに25 分のプロモーション映像を制作、さらに2012年に配信用の第壱から伍話までが製作されるなど、その人気の高さから次第にプロジェクトが成長した。配信版のは再生回数は累計100万回を超える。

テレビシリーズでは、第1話の前に第0話が放送されている。これが配信版のダイジェストとなっている。しかし、配信版の多くはテレビ放映されていない。
『京騒戯画 零巻(VOL.0)』のBlu-rayとDVDは、この配信版の魅力が余すことなく詰め込んでいる。さらにドラマCD、各回解説の京騒絵巻、オーディオコメンタリーなどの特典が、さらに作品への理解を深めるツールになる。

ドラマCDは今後の各巻の初回限定版にも封入される。零巻では主人公・コトの式神である阿・吽に焦点が当てられている。「肉球ともふもふと迷える双子」と題し、寡黙な吽がつい熱くなる姿をはじめ、本編では見ることの出来ないキャラクターの一面が分かる。
オーディオコメンタリーには釘宮理恵さん(コト役)、鈴村健一さん(明恵役)、 関弘美さん(番組プロデューサー)が、ここでしか聞くことのできない裏話を披露している。初収録の際に松本監督から伝えられたキャスト陣のイメージカラーのエピソード、舞台や背景設定の経緯、キャスト陣から見た作品の第一印象など、放送中のテレビシリーズにもつながってくる話は見逃せない。
[真狩祐志]

『京騒戯画』
/http://www.kyousougiga-tv.com/  



「京騒戯画 零巻(VOL.0)」
2013年12月6日 Blu-ray&DVD
Bu-ray  7000円/ DVD6000円 (いずれも税別)
発売元:東映ビデオ  販売元:東映
[収録話]
2011年製作 5分プロモーション映像/2011年製作25分プロモーション映像
2012年製作配信用 第壱~伍話
[初回特典]
スペシャルパッケージ/京騒絵巻 甲ノ巻
ドラマ CD「肉球ともふもふと迷える双子」
[映像特典]
ノンテロップ ED+エピローグ(2011年製作25分プロモーション映像)
[音声特典]
オーディオ・コメンタリー(2011年製作 PV25分バージョンのみ)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集