FictionJunctionが5年ぶり新アルバム「elemental」リリース決定 2014年は梶浦由記イヤー?! | アニメ!アニメ!

FictionJunctionが5年ぶり新アルバム「elemental」リリース決定 2014年は梶浦由記イヤー?!

ニュース

2014年1月22日に、梶浦由記が率いるプロジェクトFictionJunctionが5年ぶりのニューアルバムをリリースする。アルバムのタイトルは「elemental」、FictionJunctionの世界をたっぷり盛り込んだ1枚となる。
収録楽曲は全13曲を予定する。アニメタイアップやカップリング曲の9曲に新曲3曲、さらにセルフカバー1曲だ。『機動戦士ガンダムSEED HDリマスター』のエンディングとなった「Distance」、『セイクリッドセブン』のオープニング「stone cold」、『おおかみかくし』の「時の向こう 幻の空」のオープニング「時の向こう 幻の空」などお馴染みの曲が登場する。

FictionJunctionは、マルチ音楽コンポーザーとして活躍する梶浦由記のプロジェクトだ。梶浦由記が主体で曲を作り(Fiction)、それを楽曲ごとにヴォーカリストらと交差・接合(Junction)することを目指している。
梶浦由記は、2002年に自身のユニットSee-Sawで手掛けた『機動戦士ガンダムSEED』のエンディングテーマ「あんなに一緒だったのに」に脚光を浴びた。以降、その活躍は大きく広がっている。劇場版『空の境界』の音楽を担当、ボーカルユニットKalafinaのプロデュース、海外ライブなど、日本のアニメ音楽を代表する存在になっている。
さらに北野武監督の映画『アキレスと亀』、NHK歴史番組『歴史秘話ヒストリア』の音楽とその活躍はアニメだけにとどまらない。2014年には、NHK連続テレビ小説の第90作目『花子とアン』の音楽担当が発表された。FictionJunction5年ぶりのアルバムと併せて、2014年は梶浦由記がさらに飛躍する年になりそうだ。

新アルバムと伴に、2014年2月からは全国ツアー「Yuki Kajiura LIVE vol.#11/elemental Tour 2014」も決定している。大阪、仙台、札幌、大宮、名古屋、福岡、東京と3都市で熱いライブを繰り広げる。
「elemental」には、購入者応募特典としてYuki Kajiura LIVE vol.#11/elemental Tour 2014 バックステージ招待とプレゼントを実施する。詳細は今後発表されるが、こちらも楽しみだ。

梶浦由記オフィシャルサイト 
/http://www.fictionjunction.com/

「elemental」
2014年1月22日発売
3045円(税込)
発売元: フライングドッグ  販売元: ビクターエンタテインメント

Distance (「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」 EDテーマ)
eternal blue (KONAMI「戦律のストラタス」主題歌)
stone cold  (TVアニメ「セイクリッドセブン」OPテーマ)
ひとりごと
時の向こう 幻の空 (TVアニメ「おおかみかくし」OPテーマ)
野原
Parallel Hearts   (※TVアニメ「Pandora Hearts」OPテーマ)
ひとみのちから
約束
他新曲3曲・セルフカバー曲1曲 全13曲を収録。

Yuki Kajiura LIVE vol.#11/elemental Tour 2014 
2014年2月22日(土)・23日(日)  NHK大阪ホール
2014年3月9日(日) 仙台市民会館 大ホール
2014年3月16日(日) 札幌市教育文化会館 大ホール
2014年3月22日(土) 大宮ソニックシティ
2014年3月29日(土) 名古屋・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
2014年4月5日(土) 福岡国際会議場 メインホール
2014年4月20日(日)  NHKホール
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集