梶浦由記 1000人の超満員ライブ千秋楽 「みんなのうたは私の夢だった」  | アニメ!アニメ!

梶浦由記 1000人の超満員ライブ千秋楽 「みんなのうたは私の夢だった」 

イベント・レポート

「Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”」
  • 「Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”」
  • 「Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”」
  • 「Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”」
  • 「Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”」
4月8日、大阪市浪速区の「なんばHatch」にて梶浦由記さんのワンマンライブ「Yuki Kajiura LIVE vol.#8“Spring 2012”」の公演が行われた。
3月16日と17日の渋谷公会堂も超満員の盛り上がり、ここ大阪もチケットは即ソールドアウトである。そんな人気殺到のツアーラストを約1000人の観衆が今回見届けた。

ライブはまず、ちょうど4月7日からセカンドシーズンが開始したテレビアニメ『Fate/Zero』のサントラから「the beginning of the end」と「the battle is to the strong」から始まった。さらにNHKの情報番組「歴史秘話ヒストリア」から「fenetic」などが奏でられた。幻想的な音楽で会場を魅了した。

その後、梶浦さんは開会で「いつものレギュラーボーカル陣に加え、梶浦サウンドには欠かせないFRONT BAND MEMBERS、ゲストボーカルに伊東えり、戸丸華江、そしてフルーティストの赤木りえの豪華ラインナップでお送りします」と宣言。『魔法少女まどか☆マギカ』のサントラから「sis puella magica!」と「Credens justitiam」が披露された。
さらにNHKスペシャル「世界里山紀行」の「satoyama main theme」や「星屑」、Fiction Junctionのシングル「stonecold」など全24曲で大団円を迎えた。

アンコール後、梶原さんは自らが作詞作曲でKalafinaが歌うNHKの「みんなのうた」の「moonfesta~ムーンフェスタ~」についても語った。
「みんなのうたの音楽は今でも歌えるし忘れない。みんなのうたって実はノンジャンル。こんな音楽番組は他にはない素晴らしい番組だと思う」と梶原さん。
「今考えると音楽的にノンジャンルに何でも詰め込んでしまう私の音楽の根本にあるものは、みんなのうたの経験だったのかも」。
最後に「みんなのうたの曲を書くことは私の夢だった。夢が叶うということはとてもうれしい」と喜びを表した。

数々のプロデュース、作曲などの音楽活動を精力的にこなす梶原さんだが、今後の活躍もまだまだ続く。7月から放送予定のテレビアニメ『ソードアート・オンライン』でも劇伴を担当する。放送まで楽しみに待ちたいものだ。
【真狩祐志】
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

  • Kalafina、春奈るな テーマ曲の想い語る 「Fate/Zero」2ndシーズン先行上映会で 画像 Kalafina、春奈るな テーマ曲の想い語る 「Fate/Zero」2ndシーズン先行上映会で
  • KalafinaがNHK「みんなのうた」を歌う 6月・7月に新曲「moonfesta」 画像 KalafinaがNHK「みんなのうた」を歌う 6月・7月に新曲「moonfesta」
  • 「空の境界」米国進出決定 5月にボストンでプレミア上映決定 画像 「空の境界」米国進出決定 5月にボストンでプレミア上映決定

特集