アニメ音楽のカリスマ梶浦由記 初期WORKSなどのベストCDリリース | アニメ!アニメ!

アニメ音楽のカリスマ梶浦由記 初期WORKSなどのベストCDリリース

ニュース

a-shyakajiurasan.JPG 梶浦由記さんは『空の境界』や『NOIR』、『ツバサ・クロニクル』などの楽曲を手がけ、アニメファンから高い支持を集めるカリスマクリエイターだ。ファンタジック、ミステリアスな世界を描いたアニメの音楽で特に力を発揮する。
 しかし、その活動はアニメに留まらない。北野武監督の『アキレスと亀』などの実写映画、ドキュメンタリー番組『経済羅針盤』、『歴史秘話ヒストリア』など幅広い分野で活躍する。ジャンルを超えたアーティストといった面も小さくない。

 そんな多彩な活動をまとめたCDアルバムがアリオラジャパンより発売される。アルバムは梶浦由記さん自身の手で監修、選曲されたもので全75曲を収録、このうち53曲はCD化が初めてというものだ。
 楽曲はふたつの視点からセレクトされている。ひとつは現在では入手困難になった音源や初期のCD化作品から選ばれた初期作品のベスト。テレビアニメ『EAT-MAN』や劇場アニメ『新気まぐれオレンジ☆ロード そして、あの夏のはじまり 』オープニングテーマなどだ。さらに実写映画『ブギーポップは笑わない〜Boogiepop and Others』やゲームソフト『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の楽曲など、これまで聴く機会の少なかった作品にも焦点を当てる。
 もうひとつは近年の活躍の場のひとつとなったNHKの番組でのサウンドトラックの数々である。こちらはほとんどが初CD化になる。『経済羅針盤』、終戦特集ドラマ『15歳の志願兵』、NHKスペシャル『世界里山紀行』など、少し意外な場所にも隠れている音楽をピックアップする。

 アルバムはディスク3枚に梶浦由記さん本人よるSelf Liner Notesも歌詞カードに収録される。作品の背景にあった創作活動を知る手がかりともなる。価格は税込3780円、12月8日に発売だ。

kajiurabest.jpg FictionJunction 梶浦由記公式サイト 
/http://www.fictionjunction.com/
梶浦由記オフィシャルブログ 
/http://fictionjunction.cocolog-nifty.com/ 

「梶浦由記 The Works for Soundtrack」
発売予定日: 2010年12月8日 
価格: 3780円(税込)
発売元: アリオラジャパン 販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
3枚組  梶浦由記の選曲により全75曲収録/初CD化楽曲 53曲

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集