「アニメのまち 立川」でイベント開催 「とある」シリーズと「ガッチャマンクラウズ」にフォーカス | アニメ!アニメ!

「アニメのまち 立川」でイベント開催 「とある」シリーズと「ガッチャマンクラウズ」にフォーカス

ニュース

“アニメのまち 立川”を掲げる立川市で、地元を舞台にしたアニメにフォーカスしたイベントが開催される。11月3日、4日に国営昭和記念公園で行われる立川市民参加型イベント「秋の楽市2013」で、アニメ関連の企画が多数盛り込まれる。
楽市は立川にアニメ関連の文化資源が豊富なことから、2011年からアニメ活かしたイベントを行っている。2013年秋も、積極的にアニメファンの取り込みを目指す。市内回遊イベントやパネル展、オリジナルグッズなどの販売をする。

今秋、イベントで取り上げるのは、立川を舞台にした最新のアニメ作品2シリーズである。ひとつは大ヒット作『とある科学の超電磁砲』『とある魔術の禁書目録』の「とある」シリーズだ。本作は、主人公たちの活躍する学園都市のモデルが立川となっている。
これまでも地元と協力したコラボレーションを様々に展開してきたが、今回は「とある自治体の地域振興」とタイトルして、様々な企画となる。ファンならずとも楽しめそうだ。
もうひとつは、今年7月から9月までテレビ放送された『ガッチャマン クラウズ』である。こちらも作品の主な舞台は立川だ。アニメ作中そのまま風景があるとして、アニメに登場した土地を巡る聖地巡礼もすでに話題になっている。

こうしたイベントを紹介するための特設サイト「立川×アニメ in 2013秋の楽市」もオープンしている。ここでは、数ある企画を「アニメ聖地立川で探そう」、「立川×アニメパネル展」、「オリジナルグッズなどの物販」と3つに分けて紹介している。
「アニメ聖地立川で探そう」は、市内イベント協賛店でイラスト入り店舗名刺を集める“とある街中のショップカード収集”と“ガッチャマンクラウズ聖地ラリー”のふたつ。「立川×アニメパネル展」は、“とあるアニメのパネル展”と“twitterイラストコンテスト「ガッチャ!絵」の入賞作品展示”、“ガッチャマンクラウズのパネル展”の3つである。物販の充実も期待だ。
開催期間は2日間のため、全部見るにはフル稼働する必要がありそうだ。イベントの詳細は、特設サイトで確認出来る。

立川×アニメ in 2013秋の楽市
/http://www.tbt.gr.jp/tachikawa_anime/rakuichi2013autumn/
日時: 2013年11月3日(日)・11月4日(月/祝)10時~16時 (小雨決行、荒天の場合は中止)
メイン会場: 国営昭和記念公園 花みどり文化センター
開催概要
「とある自治体の地域振興」「ガッチャマンクラウズ」の回遊イベント、パネル展、オリジナルグッズなどの物販
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集