映画「キック・アス」第2弾の特報初公開 少し大人になったヒット・ガールにフォーカス | アニメ!アニメ!

映画「キック・アス」第2弾の特報初公開 少し大人になったヒット・ガールにフォーカス

『キック・アス』の続編が作られた。2014年2月全国公開『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』である。その日本語版特報がこのほど完成、公開を開始している。

ニュース
(C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
  • (C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
  • クロエ・グレース・モレッツが演じるヒット・ガール (C) 2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
カルトムービーがカルトを超えて大ヒット、世界の映画界で話題を呼んだのが2010年に劇場公開された『キック・アス』だ。日本でも劇場公開が危ぶまれる中、ファンの熱意で実現ヒットにつながった。
主人公のデイヴは、特殊な能力はないけれど、自らスーツを着込んでヒーロー活動を続ける。そのうちに、犯罪組織の戦いに巻き込まれて・・・というストーリーだ。
この大好評を受けて、本作の続編が作られた。国内では2014年2月に全国公開する『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』である。その日本語版特報がこのほど完成、公開を開始している。

気になる映像は、なんと主人公のキック・アスではなく、美少女の覆面ヒーローであるヒット・ガールにフォーカスしたものになった。ファンであれば納得の楽しい演出である。
ヒット・ガールは、前作でキック・アスを上回る存在感をみせつけた。可愛い顔でメチャメチャ強く、大胆なアクションで敵を次々に倒していく。
演じたのは、撮影当時11歳だったというクロエ・グレース・モレッツである。本作で一躍スターダムに乗り上がったクロエは、その後『ヒューゴの不思議な発明』のイザベラ役、リメイク版『キャリー』のキャリー役などで出演している。いまやハリウッドを代表する女優になっている。
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』の出演は、それだけに意味も大きい。ファン待望と言っていいだろう。

本作ではヒット・ガールも、キック・アスと同様、普通の学園生活を満喫しようとする。ところがそこはヒーローの宿命か、やはり再び悪に立ち向かう運命となる。
30秒間の特報では、少し大人になったヒット・ガールの魅力が激しいアクションと伴に満載となった。疾走するバイクを操ったり、走る車に飛び乗りながら縦横無尽に悪を殲滅、容赦なく叩きのめしていく姿と口の悪さはこれまでと同様だ。
前作からさらにパワーアップした『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』の公開は、まだ少し先になる。出来ればいまから2014年の予定に加えておきたい作品だ。



『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』
2014年2月全国公開
/http://kick-ass-movie.jp/

Facebook /https://www.facebook.com/KICKASS.JP
Twitter @KICKASS_JP

監督・脚本: ジェフ・ワドロウ
脚本: マーク・ミラー、ジョン・ロミータJr.
製作: マシュー・ヴォーン、アダム・ボーリング、タルキン・パック、デイヴィッド・リード
[キャスト]
アーロン・テイラー=ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ジム・キャリーほか
2013年/イギリス/103分/カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル/原題:Kick-Ass2 R15+
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集