高知×鳥取 まんが王国会議 in AKIBA 両県ゆかりの人気声優が激烈トーク | アニメ!アニメ!

高知×鳥取 まんが王国会議 in AKIBA 両県ゆかりの人気声優が激烈トーク

高知県と鳥取県は10月14日に「高知x鳥取 まんが王国会議 in AKIBA」が行われた。会場のベルサール秋葉原ではステージ上で様々なプログラムを開催した。その中でもとりわけ、両県にゆかりのある声優によるトークが熱い盛り上がりを見せた。

ニュース
「高知×鳥取 まんが王国会議 in AKIBA」
  • 「高知×鳥取 まんが王国会議 in AKIBA」
高知県と鳥取県は、どちらも「まんが王国」を名乗る県同士として、まんが王国友好通商条約を締結している。その相互協力の一環として、10月14日に高知x鳥取 まんが王国会議 in AKIBAが行われた。
会場のベルサール秋葉原ではステージ上で様々なプログラムを開催した。その中でもとりわけ、両県にゆかりのある声優によるトークが熱い盛り上がりを見せた。

当日は両県にゆかりのある人気声優のトークセッションが2回に分けて実施された。島本須美さん、下田麻美さん、明坂聡美さん、沖佳苗さん、近藤孝行さん、若林直美さんが登壇し、ご当地トークや声優論を繰り広げた。
高知県出身の沖さんからは「小さい頃は、山の野イチゴを食べていた」、鳥取県出身の若林さんからは「コンビニには車で行っていた」などのトークも飛び出し、ファンの笑いを誘った。また下田さんは、岩手県の「じぇじぇ」に対抗し、鳥取県の挨拶を「げげげ」にしたいとアピールしていた。
さらに鳥取県米子で生まれたヒーロー・ネギマンや高知名産のゆるキャラ・カツオ人間を取り上げた際には「私が声優をしたい!」と、登壇者が立候補する場面も見られた。

イベントはそのほか、海洋堂の宮脇修一社長、水木しげる記念館の庄司行男館長、それにマンガ家の里中満智子さんを迎えてのディスカッションや、ご当地アイドルによるパフォーマンスなど盛り沢山の催しとなった。
高知県の尾崎知事は「鳥取県と連携させてもらったことで、今日のイベントにも多くのお客さんに足を運んでもらうことができました」と来場者に感謝の意を伝えた。鳥取県の平井知事は「友好通商条約も締結したことですし、高知県との連携をますます深め、地域おこしを進めていきたいと思います」と今後も協力していく方針を明かした。
[高橋克則]

「高知x鳥取 まんが王国会議 in AKIBA」
/http://manga-kochi-tottori.net/

日時: 2013年10月14日(月・祝) 11:00~17:00
場所: 東京都秋葉原 ベルサール秋葉原
主催: 高知県、鳥取県
後援: 千代田区
協力: NPO法人 秋葉原観光推進協会
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集