マンガの聖地争奪に終止符?! 高知と鳥取が秋葉原で友好通商条約を締結 | アニメ!アニメ!

マンガの聖地争奪に終止符?! 高知と鳥取が秋葉原で友好通商条約を締結

ニュース

まんが王国を名乗る県が、国内には2つある。高知県と鳥取県だ。一体、どちらが本当の王国なのか?かなり気になるところだが、このまんが王国争奪に終止符が打たれることになった。高知県と鳥取県が、このほどマンガを巡る友好通商条約を締結することになった。3月24日に、東京・秋葉原でこの締結式が行われる。
高知県と鳥取県は、3月24日にベルサール秋葉原にて「まんがの聖地と呼ばれたい!高知x鳥取 in AKIBA」を開催する。まんが甲子園で知られてきた高知県と、昨年まんが王国とっとりを初開催した鳥取県が友好通商条約を締結する場になる。

高知県と鳥取県は、知名度の向上の一環として、近年、マンガをキーワードにした観光客の誘致に積極的に取り組んでいる。高知県出身では『アンパンマン』などのやなせたかしさんや『毎日かあさん』などの西原理恵子さん、鳥取県出身では『ゲゲゲの鬼太郎』などの水木しげるさんや『名探偵コナン』などの青山剛昌さんといった多くのマンガ家を輩出している。
そうした背景をより強化するため協力することになった。2県が協力するかたちでの人材育成やイベント開催を目指す。そのキックオフイベントが、友好通商条約締結記念イベント「まんがの聖地と呼ばれたい!高知x鳥取 in AKIBA」だ。

太平洋側の高知県、日本海側の鳥取県が中国・四国地方を縦断して手を取り合い、自治体同士の連携を一層アピールする。友好通商条約の締結には高知、鳥取の県知事が登壇して署名を行うという本格的なパフォーマンスになる。
イベントではこのほか、それぞれの県の出身の人気声優や地元で活躍するご当地アイドルなど多彩なゲストが登場する。地元のアピールやトークショー、物産販売などが予定されている。ご当地ゆるキャラも高知県から「くろしおくん」、鳥取県から「トリピー」が駆けつけて盛り上げに一役買う。開催当日まで今後の情報もチェックしていきたい。
[真狩祐志]

まんがの聖地と呼ばれたい!高知x鳥取 in AKIBA
/http://www.manga-kochi-tottori.com/

日時: 2013年3月24日(日) 11:30~16:30 (予定)
場所: 東京都秋葉原 ベルサール秋葉原
主催: 高知県、鳥取県
協力: NPO法人 秋葉原観光推進協会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集