「全ての要素には、理由がある」だから面白い!『逆転裁判』を江城氏&山崎氏が語る | アニメ!アニメ!

「全ての要素には、理由がある」だから面白い!『逆転裁判』を江城氏&山崎氏が語る

ニュース

「『逆転』シリーズのこれまでとこれから」
  • 「『逆転』シリーズのこれまでとこれから」
  • 「『逆転』シリーズのこれまでとこれから」
  • シリーズ・プロデューサーの江城元秀氏
  • シナリオディレクターの山崎剛氏
「全ての要素には、理由がある」だから面白い!『逆転裁判』を江城氏&山崎氏が語る―『逆転裁判5』クリエイターが語るゲーム作りの裏側(2)
Text by 近藤智子(Tomoko Kondo)

ヒューマンアカデミー、カプコン、イードによる「『逆転裁判5』クリエイターが語るゲーム作りの裏側」。続いては、カプコンの『逆転』シリーズ・プロデューサーの江城元秀氏、シナリオディレクターの山崎剛氏が「『逆転』シリーズのこれまでとこれから」について講演を行いました。

■ 江城氏&山崎氏がゲーム業界に入った理由とは

まずは自己紹介として、両氏がいかにゲーム業界に飛び込んだ経緯について説明。小学生の頃に「インベーダーゲーム」で衝撃を受けたという江城氏は、それからゲームの魅力にとりつかれ、さまざまなアーケードゲームをプレイしながら工業高校へと進学。その後、1度は別の業界でエンジニアとして働いていたものの、やはりゲーム会社に入りたいという思いから専門学校に入学し、プログラムの勉強をして1990年にカプコン入社を果たしました。

最初に配属となったのは、初代『ストリートファイターII』のプログラマーのチームで、ここでアーケードのシューティングや横スクロールなどの開発に携わったのち、コンシューマーゲームの企画職へ転進。『鬼武者2』『シャドウ オブ ローマ』のディレクターからプロデューサーへ。『逆転裁判4』のアシスタントプロデューサーから『逆転検事』シリーズ、『大神伝 ~小さき太陽~』『Dmc Devil May Cry』『逆転裁判5』へと至りました。

一方、山崎氏は2004年にカプコンへ入社。『逆転裁判 蘇る逆転』『逆転裁判4』でプランナーを務め、『逆転検事』シリーズのディレクター、『逆転裁判5』でシナリオディレクターを担当しています。昔からミステリーやSFなどをよく読んでおり、物語を書く仕事をしたいなと漠然と考えていたという山崎氏は、大学時代にたまたま縁があって携帯電話向けのアドベンチャーゲームとパズルゲーム作りに携わりました。ここでゲーム作りの楽しさを知り、ゲーム会社へ就職。子どもの頃からファミコンで遊んではいたものの、仕事としての意識はありません。しかし、ゲームでも自分のやりたいことができるのだと感じたといいます。

そして入社後は『逆転裁判』シリーズを担当。大学時代にゲームを遊んで以来「カプコンに入るなら逆転裁判を作りたい」と思い、入社面接の時には猛烈な逆転裁判好きアピールし、質問では「逆転裁判3はいつ出るんですか?」と尋ね、『逆転裁判』シリーズのクリエイターである巧舟氏に初めて会った時にはサインや握手を求めたそうです。

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集