「11人いる!」、「闇のパープル・アイ」、「やじきた学園道中記」 ドラマCDで9月25日発売 | アニメ!アニメ!

「11人いる!」、「闇のパープル・アイ」、「やじきた学園道中記」 ドラマCDで9月25日発売

ニュース

9月25日に『11人いる!』、『闇のパープル・アイ』、『やじきた学園道中記』のドラマCDが発売される。いずれも少女マンガを代表する名作だ。これまでアニメ化や実写化などもされている。
今回はそれらを臨場感あふれるドラマCDとしている。キャストには人気声優を起用しているのが特徴だ。ビジュアルがないことでむしろ創造が広がる、そんなドラマCDの特徴をフルに活かす。

萩尾望都さんが描く『11人いる!』は、少女マンガの巨匠・萩尾望都さんの代表作で、出世作だ。主人公のタダ、フロル、マヤ王バセスカ、フォースの活躍を中心に名場面をピックアップして再編集した。音楽を多用したこだわりの演出で、「スペースオペラ」の名にふさわしい仕立てが特徴となっている。『11人いる!』だけではなく、その続編『続・11人いる!』も収録されている。

キャストはタダ・トスレーン役を阿部敦さん、フロルベリチェリ・フロル役を山本和臣さん、マヤ王バセスカ役を鳥海浩輔さん、ソリダム四世ドリカス役を岸尾だいすけさんが務めている。
初めて作品に触れる人が気軽に手に取れるストーリーラインであると同時に、かつて作品を読んだファンの人でも深く楽しめる作品となっている。

篠原千絵さんが描く『闇のパープル・アイ』は「小田切と慎也篇」になる。原作の前半を題材に、小田切貢と水島慎也の内面に焦点を当てた。2人がどのように倫子を愛し、行動し、どのような最期を迎えたのかを描いた。
最大の見せ場は、小田切と慎也が抱いた倫子への想いが「詩篇」として語られるところだという。切ない物語の結末に注目したい。
キャストは尾崎倫子役を佐藤利奈さん、水島慎也役を立花慎之介さん、小田切貢役を星野貴紀さん、曽根原薫子役を本名陽子さんが務めている。演出が各キャストにも大好評だったという。

市東亮子さんが描く『やじきた学園道中記』は「小鉄と狭霧篇」になる。原作でも人気の高い「千代田編」、「必殺編」、「箱根編」の初期エピソードを再編した。
本編はタイトル通り、小鉄と狭霧の視点を中心に描かれている。お馴染みの、やじさん、きたさん、雪也も大活躍するので往年のファンでも安心だ。
キャストは各雲斎小鉄役を豊永利行さん、剣望狭霧役を柿原徹也さん、徳成雪也役を佐藤拓也さん、矢島順子役を小林ゆうさん、篠北礼子役を伊藤静さんが務めている。
各3作品の価格は、それぞれ2500円(税込)である。
[真狩祐志]

ドラマCD e☆star 公式サイト
/http://eigeki.jp/estar/

『11人いる!』 
原作: 萩尾望都『11人いる!』(小学館フラワーコミックススペシャル刊)
タダトス・レーン: 阿部敦 
フロルベリチェリ・フロル: 山本和臣
マヤ王バセスカ: 鳥海浩輔
ソリダム四世ドリカス: 岸尾だいすけ

『闇のパープル・アイ 小田切と慎也篇』
原作: 篠原千絵『闇のパープル・アイ』(小学館文庫刊)
尾崎倫子: 佐藤利奈
水島慎也: 立花慎之介
小田切貢: 星野貴紀
曽根原薫子: 本名陽子

『やじきた学園道中記 小鉄と狭霧篇』
原作: 市東亮子『やじきた学園道中記』
各雲斎小鉄: 豊永利行
剣望狭霧: 柿原徹也
徳成雪也: 佐藤拓也
矢島順子: 小林ゆう
篠北礼子: 伊藤静
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集