「しまじろうと くじらのうた」2014年3月公開 初めての映画館体験を子供たちに提供 | アニメ!アニメ!

「しまじろうと くじらのうた」2014年3月公開 初めての映画館体験を子供たちに提供

ニュース

2013年3月公開の『しまじろうとフフのだいぼうけん ~すくえ!七色の花~』は「ファーストシネマ(生まれて初めて訪れる映画館)」をコンセプトに制作された作品だ。通常より劇場を明るめにするなど映画を観る環境に配慮した本作は、多くの親子連れから好評を持って迎えられた。
それを受け、2014年3月に第2作『しまじろうと くじらのうた』の全国ロードショーが決定した。前作と同様に、子供たちが楽しめる様々な仕掛けを採用している。

本作は上映時間60分の中編ながら途中休憩が用意された。映画の前半は歌やダンス、クイズなどの実写パートとなり、後半のアニメパートへと変化のある飽きさせない構成を採用した。また、しまじろうからの呼びかけや、メガホンを使って応援するコール&レスポンスの要素も取り入れるなど、小さな子供が参加しながら楽しめる工夫がこらされている。劇場は半照明レベルに設定し、暗さへの恐怖も払拭。音量も耳に優しいように調節を重ねた。
前作は、来場した子供の6割が生まれて初めての映画館を体験し、9割以上の親子連れから「満足した」とのアンケート結果を得た。今回も日本中の親子にファーストシネマを届けていく。

アニメパートは、迷子の赤ちゃんクジラをお母さんのもとに送るという応援参加型のストーリーだ。総合監督は東日本大震災をテーマに作ったアニメーション作品『663114』で、ベルリン国際映画祭で審査委員特別賞、毎日映画コンクールで大藤信郎賞を受賞した平林勇さんが務める。
アニメパート監督は川又浩さん、脚本は山田隆司さんが手掛けた。しまじろう役の南央美さんや、とりっぴい役の山崎たくみさんなど、テレビシリーズでお馴染みのキャストたちが初めての映画鑑賞を後押している。
[高橋克則]

『しまじろうと くじらのうた』
2014年3月全国ロードショー
/http://kodomo.benesse.ne.jp/ap/movie/


[スタッフ・キャスト]
総合監督: 平林勇
アニメパート監督: 川又浩
アニメパート脚本: 山田隆司
声の出演: 南央美、高橋美紀、山崎たくみ、杉本沙織
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集