「ハル」話題の中編劇場アニメがBDとDVD発売 作品の魅力をフルコンプ  | アニメ!アニメ!

「ハル」話題の中編劇場アニメがBDとDVD発売 作品の魅力をフルコンプ 

ニュース

2013年に劇場公開された話題の映画『ハル』の、Blu-rayとDVDの発売が早くも決まった。12月18日にリリースされる。
本作は今回が監督初デビューとなった牧原亮太郎さん、アニメの脚本は初めてという木皿泉さん、マンガ家・咲坂伊緒さんをキャラクター原案に迎えた異色の作品だ。恋人を亡くした くるみ と、なくなったハルの代わりに くるみ と暮らすことになったロボットのハルの心の交流を描く。

本作が異色だったのは、スタッフだけではない。長さおよそ50分という劇場映画は、アニメだけでなく、実写でも珍しい。野心的な取り組みとなった。
さらにアニメの制作も、今回が初の劇場映画となったWIT STUDIOである。『君に届け』や「戦国BASARA」シリーズなどを経たスタッフが、2012年に独立した。現在はスタジオが手がける『進撃の巨人』が、大ヒットしている。

BDとDVDの初回限定版には、本編のほかに映画をさらに楽しめるアイテムが収録されている。ディスク1には、特典と映像としてメインキャストの細谷佳正さん(ハル役)と日笠陽子さん(クルミ役)の特別インタビュー、完成披露試写などのイベント映像集、メイキング、細谷佳正さんのプレミアアフレコ、絵コンテ、原画、予告編と満載だ。
ディズク2は大島ミチルさんが音楽を務めたオリジナルサウンドトラックCDである。封入特典は特製ブックレット、木皿泉さん書き下ろしエッセイ、綾瀬羽美さん描き下ろしマンガ、スタッフ座談会、キャラクターデザインの北田勝彦さん描き下ろしポストカードセットなどになる。これひとつで作品が丸々理解出来る仕組みだ。
価格はBlu-rayが8190円(税込)、DVDが7140円(税込)である。DVDは通常版もあり、価格は2940円(税込)だ。

発売日決定に際して、牧原亮太郎監督とWIT STUDIOの中武哲也プロデューサーが、作品紹介のコメントも明らかにしている。話題作、人気作の多い2013年だが、そうしたなかでキラリと独自の個性を放った『ハル』が、年末も人気を呼びそうだ。
[真狩祐志]

牧原亮太郎監督
「今年6月に公開を迎えた映画『ハル』。今度はDVDとして皆様にお届けできることになりました。
そばに置き、たまにで良いのでハルとくるみの事をふと思い出した時、 気になった時、見返して頂ければ幸いです」

中武哲也プロデューサー(WIT スタジオ)
「『苦しみばかりと共に歩んできたが、全てが終わりに近づく時全てを手にいれてゆく。君の声を聞いたとき、全てを思い出していくだろう』。
WIT STUDIO から時代に負けない映画作品が生まれました。この感慨をあなたにも伝えたい」

『ハル』
/http://www.hal-anime.com/
Blu-ray DVD 2013年12月18日発売



初回限定Blu-ray 豪華版  価格: 8190円(税込)
収録時間約: 約75分
ディスク1
本編/特典映像(細谷佳正・日笠陽子特別インタビュー、イベント映像集、メイキング、細谷佳正プレアフレコ)/絵コンテ/原画/予告編
ディスク2
オリジナルサウンドトラックCD
封入特典
特製ブックレット(木皿泉書下ろしエッセイ、綾瀬羽美描き下ろしマンガ、スタッフ座談会など)/キャラクターデザイン北田勝彦 描き下ろしポストカードセット

初回限定DVD 豪華版
価格: 7140円(税込)
商品仕様: 初回生産限定版と同様
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集