「ノブナガ・ザ・フール」河森正治多次元プロジェクト 公演日は12月8日に決定 | アニメ!アニメ!

「ノブナガ・ザ・フール」河森正治多次元プロジェクト 公演日は12月8日に決定

ニュース

「マクロス」シリーズなどで知られる河森正治が総監督を務める多次元プロジェクト、その第1弾である。『ノブナガ・ザ・フール』の第1回公演が12月8日に決定した。本作は主役オダ・ノブナガを中心とした東洋と西洋の偉人たちが活躍する戦国SFのライブ作品となる。河森正治らしい煌びやかな設定やスリリングな演出が期待される。
また『ノブナガ・ザ・フール』は、宮野真守、日笠陽子、櫻井孝宏、梶裕貴といった人気がLive Voice出演をすることも決まっている。これに加えて、主要キャストであるチャチャ、ハツ、ゴウの3つの役を公募オーディションにより決定する。このオーディション結果も併せて、発表された。
チャチャ役に奈波果林さん、ハツ役に梅村結衣さん、ゴウ役に高橋紗妃さんの3人である。フレッシュな顔ぶれが、本作を支えることになりそうだ。

このオーディションには、ユニークな試みも盛り込まれている。例えばtwitterの利用だ。2次審査を通過した12人に自分だけの本オーディション専用ツイッターが用意した。
最終審査に臨むに当たり、自分の魅力を自分で考えてファンにアピールできるかどうかも審査の対象とした。同時に吉俣良さんの手掛けた課題曲と台本をもとに短期間で練習を積み重ねた。

そして、最終審査では、自己PR、歌、芝居でアピールをした。当日は、その場で3人組に分けられ、短い練習時間の中、3人で台本に合わせた芝居をするという内容になった。
ところがその場でいきなり組み合わせを変更されるなど、臨機応変さも求めるハードな審査となった。応力や度胸、そしてツイッターによるフォロアー数などが選考の対象となった。最終的に今回の3人が決定した。

『ノブナガ・ザ・フール』の舞台はかつて天空を結ぶ竜脈でつながれていた東の星と、西の星。ふたつの星は終わりなき戦乱により、争いを続けていた。さらに戦乱の背後には、伝説に紡がれた超テクノロジー「神器」の復活があった。
公演は12月をスタート、2014年の夏にかけて計3回の公演を予定する。1回目の公演では、その3人の出会いが描かれる。
[真狩祐志]

多次元プロジェクト“The Fool”
/http://the-fool-project.jp/

河森正治さんコメント
「今日本当に12人がんばってくれたと思います。2次オーディションから1ヶ月間いろいろな練習をして短い時間でスキルアップをしてこちらとしても楽しませてもらいました。
今回プロジェクトは舞台といっても声優の方、アクターの方、そしてイラストを組み合わせた新しいスタイルを目指しています。 そこで今回の3人もこれからの伸びしろに期待してフレッシュなメンバーを選ばせて頂きました。
ノブナガ・ザ・フールは成長し変化していくプロジェクトです。観客のみなさんに元気で楽しくそして熱い夢を届けてくれるメンバーを集められたと思います。これからも特訓して行きますので彼女たちの成長を見守ってください。応援よろしくお願いします」

チャチャ役・奈波果林
「本当に声優のたまごとして数年間ずっとオーディション落ち続けてやっと自分だけの役をつかむことができて本当に恵まれているなと思います。
誠心誠意、演じさせて頂きます。ささえてくださった周りの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。がんばります。よろしくお願いします」

ハツ役・梅村結衣
「ハツ役に選ばれました梅村結衣です。この最終審査でわたしは本当に選ばれないと思っていました。歌も、演技もがんばって練習しました。応援していただいた皆さんの分までがんばりました。
これからみなさんに感謝の気持ちをもちつつ今までの何十倍もがんばっていきます。本当にありがとうございました」

ゴウ役・高橋紗妃
「ゴウ役に選ばれました。高橋紗妃です。正直Twitterのフォロワーさんがふえなくて不安でしたが、その中にも応援していただける方がいてその方々に舞台の上でお礼を伝えられるようにと頑張ってきました。
選ばれて本当に嬉しいです。今後も、もっと頑張っていきますのでよろしくお願いします」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集