「あの花夏祭 in ちちぶ」 12000人のファンが秩父で熱狂 | アニメ!アニメ!

「あの花夏祭 in ちちぶ」 12000人のファンが秩父で熱狂

ニュース

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が、8月31日よりいよいよ全国公開する。これを記念して8月24日には作品の舞台となった埼玉県・秩父市で劇場版先行上映会イベント「あの花夏祭in ちちぶ」が開催された。
当日はキャスト陣や主題歌アーティストも姿を見せ、トークにライブと盛り沢山の催しとなった。公開直前だけに、その盛り上がりもマックスとなった。

イベントは、本作でメインキャラクターを演じた茅野愛衣さん、早見沙織さん、近藤孝行さんのトークショーでスタートした。3人は夏祭らしく浴衣姿で登場し、会場の秩父南小学校体育館に集まったファンを盛り上げた。また映画公開初日に数量限定で「泣いてもいいんだよボックスティッシュ」がプレゼントとして配られることなど新情報も発表された。
その後、テーマ曲を歌うGalileo Galileiが登壇。メンバーはテレビの主題歌「青い栞」と劇場版の主題歌「サークルゲーム」を披露し、会場は熱狂に包まれた。

イベントの最後を飾ったのは、重要文化財にも指定されている秩父神社での野外先行上映イベントだ。その境内で映画の試写会が行われるのは史上初の試みで、秩父市の全面協力を得て上映が実現した。
ライトアップされた神社には大きなスクリーンが設置され、上映前にはキャストの3人が秩父市とファンたちへ感謝のメッセージを伝えた。上映会に当選した300名は、晩夏の涼やかな風がそよぐ中で一足先に作品を堪能した。

秩父市ではこのほかにも、あの花スタンプラリー、あの花屋台村など様々な企画が行われた。とりわけ、本作のロケ地巡りが縁で結婚に至ったカップルのイベントは大きな話題となった。キャスト陣が新郎新婦に花束を手渡すサプライズ演出もあり、ファンは温かい拍手で二人の門出を祝福した。
「あの花夏祭in ちちぶ」に参加したファンの総数は、過去の「あの花」イベントでの動員を大きく上回る約12000人を記録した。月末に公開される劇場版のヒットも期待させる大盛況のイベントとなった。
[高橋克則]

『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
8月31日新宿バルト9ほか全国公開
/http://www.anohana.jp/
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集