「ダイヤのA展」甲子園歴史館にて開催中 高校球児の快音が響く甲子園球場の傍らで | アニメ!アニメ!

「ダイヤのA展」甲子園歴史館にて開催中 高校球児の快音が響く甲子園球場の傍らで

ニュース

8月8日から第95回全国高等学校野球選手権記念大会での熱戦が続いている。その一方、会場の阪神甲子園球場でもレフト外野スタンド外周に、7月23日から賑わっている場所がある。
甲子園歴史館である。人気スポーツマンガをテーマとした「ダイヤのA展」が開催中のためだ。
甲子園歴史館は、阪神甲子園球場のレフト外野スタンド外周16号門横にある。前身はライトスタンド内にあった阪神タイガース史料館で、1985年に阪神タイガース球団結成50周年を記念して開設されたものだ。

『ダイヤのA』は週刊少年マガジンにて寺嶋裕二さんが描いているマンガで、この秋からアニメが放送されることも決定している。主人公の沢村栄純が野球の名門校である青道で仲間と甲子園を目指すストーリーとなっている。
会期中は、寺嶋さんの生カラー原画、記念写真パネル、記念スタンプの設置など盛りだくさんな内容だ。特に登場人物が着用しているユニフォームやグローブも展示されているのに驚くだろう。このために実際に製作されたものだという。

さらに8月1日からは、ユニフォーム撮影会も実施されている。沢村栄純(青道高校)、成宮鳴(稲城実業)、轟雷市(薬師高校)のユニフォームを着られるのが嬉しい。
ユニフォーム撮影会は8月31日までだが、展示は12月15日まで行われる予定になっている。高校野球のシーズンだけでなく、テレビシリーズの放送中にも訪れたりと、何度も足を運んで楽しみたい。
[真狩祐志]

甲子園歴史館
/http://www.koshien-rekishikan.com/
『ダイヤのA』
/http://diaace.com/
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集