「プレーンズ」LAワールドプレミア J・ラセターや「トップガン」A・エドワーズも参加 | アニメ!アニメ!

「プレーンズ」LAワールドプレミア J・ラセターや「トップガン」A・エドワーズも参加

ニュース

日本では2013年12月21日に全国公開スタートするアニメーション映画『プレーンズ』が、8月9日に一足早く全米公開となった。大空を飛びまわる飛行機たちが活躍する本作は、早速、映画館で多くの子どもやファミリーを魅了している。
その公開に先立ち8月5日には、米国・ハリウッドの名門シアター エル・キャピタン劇場にて華々しいワールドプレミアが行われた。そのプレミアの様子が伝わってきた。

当日、劇場に姿をみせたのは、本作で監督を務めたクレイ・ホール、そしてディズニー・スタジオ、ピクアクサー・スタジオなど、ウォルトディズニーのアニメーション部門のクリエイティブを統括するジョン・ラセターらスタッフ陣、クリエイター陣たちだ。
さらに映画俳優で本作では戦闘ジェット機の声優を務めたアンソニー・エドワーズも訪れた。『ER』のマーク役などで知られるアンソニー・エドワーズは、戦闘機が活躍する映画『トップガン』のグース役も有名だ。『プレーンズ』では、『トップガン』でトム・クルーズのライバルを演じたヴァル・キルマーとともに主人公ダスティの危機を救う。飛行機と懐かしい仲間で、本作はとりわけ印象に残る一本となったようだ

現在は4人の子どもを持つ父親でもあるアンソニー・エドワーズは、「子どもたちに『プレーンズ』の声優をするって伝えた時は、大興奮していたよ。この作品には、素晴らしい俳優達が声優として参加しているんだ。役者にとってこんなに面白い仕事はないだろうね」と、コメントした。
また、ヴァル・キルマーは、「『プレーンズ』でまた彼と一緒に仕事ができると知って本当に嬉しかったよ。」と語った。二人の共演シーンも、映画のみどころになる。

一方、映画の製作総指揮を担当したジョン・ラセターは、「本当に素晴らしい作品なんだ!僕たちが行けない<大空>に彼らは行くことができる。面白味があって、温かみにあふれている映画なんだ」と、その出来上がりに大満足の様子でアピールした。『プレーンズ』は、ラセターが監督した車のキャラクターが活躍する『カーズ』からインスパイアされて誕生している。それだけに、ラセターもとりわけ気になる作品のようだ。
これに対してクレイ・ホール監督は、「4年半越しの夢が叶ったよ。飛行士のパイオニアたちに会う貴重な機会に恵まれたり、海外にリサーチツアーに出かけたり。全てが完成して、今この場に立っていられることが信じられない気分だよ」とこちらも自信たっぷりだった。

『プレーンズ』
12月21日(土) 2D・3D同時公開

監督: クレイ・ホール 
配給: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集