「サカサマのパテマ」11月9日公開は、全国14劇場  最新キービジュアルも発表 | アニメ!アニメ!

「サカサマのパテマ」11月9日公開は、全国14劇場  最新キービジュアルも発表

『イヴの時間 劇場版』の公開から3年。アニメ映画『サカサマのパテマ』が11月9日から劇場公開される。すでに大きな話題を集めていている本作の公開館が全国14劇場でスタートする。

ニュース
『サカサマのパテマ』
  • 『サカサマのパテマ』
『イヴの時間 劇場版』の公開から3年。アニメ映画『サカサマのパテマ』が11月9日から劇場公開される。すでに大きな話題を集めていている本作の公開館が全国14劇場でスタートすることが決定した。
また、最新キービジュアルポスターも公開され、作品の世界観が次第に明らかになっている。

『サカサマのパテマ』は『イヴの時間 劇t場版』に続いて吉浦康裕監督が生み出した長編映画である。巧みなストーリーテリングで、驚愕の“真逆の世界”が華麗に描き出される。
現在、映画序盤の『サカサマのパテマ Beginning of the Day』がインターネット配信されているが、そこはまだに序章でしかないという。
6月には、フランスで開催されたアヌシー国際アニメーションフェスティバルでは、ワールドプレミア上映となったが、現地でも大喝采で暖かく迎えられた。日本での公開にも期待が持てる感触を得た。

作品は、地底から降ってきた少女パテマ、‘空’を忌み嫌う世界に住む少年エイジの二人が中心に描かれる。パテマとエイジの奇妙な出会いから、誰もみたことのない世界の冒険と「サカサマ・トリップ・スペクタクル」となる。
最新キービジュアルも『サカサマのパテマ』の本質を垣間見せる。メインコピーの「手を離したら、彼女は空に落ちていく。」のイメージそのままに、今にも真っ青な空に引き込まれていくようなポスターだ。

また8月30日よりネットで座席指定可能なカード型前売券・ムビチケカードの発売も決定した。ムビチケカードは、1500円(税込)となっている。
[真狩祐志]

『サカサマのパテマ』
2013年11月9日(土) 全国劇場公開
配給: アスミック・エース
/http://patema.jp/

原作・脚本・監督 :  吉浦康裕
音楽: 大島ミチル

[上映14劇場]
 角川シネマ新宿
 ヒューマントラストシネマ渋谷
 TOHOシネマズららぽーと横浜
 TOHOシネマズ川崎
 京成ローザ10(千葉)
 MOVIXさいたま
 ディノスシネマズ札幌劇場
 センチュリーシネマ(愛知)
 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
 大阪ステーションシティシネマ
 TOHOシネマズなんば
 OSシネマズ神戸ハーバーランド
 TOHOシネマズ二条(京都)
 TOHOシネマズ天神(福岡)
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集