初音ミク英語版 米国アニメエキスポでも発表イベント 英語で活躍するボカロP登場に期待 | アニメ!アニメ!

初音ミク英語版 米国アニメエキスポでも発表イベント 英語で活躍するボカロP登場に期待

イベント・レポート 海外イベント

2011年夏、米国・ロサンゼルスで5000人のファンを埋めるコンサートを大成功させた初音ミクが、ビッグニュースと伴に帰ってきた。7月7日、ロサンゼルスで開催中のアニメエキスポ(Anime Expo)2013の最終日、最終トークイベントとしてクリプトン・フューチャー・メディア主催の「初音ミク パネル」が行われた。
1000人収容の会場を満員にしたイベントの目玉は、英語版の初音ミクボーカロイドソフト「HATSUNE MIKU ENGLISH」の発売時期とその仕様の発表である。英語版リリースは、2010年秋のニューヨークコミコンで明らかにされたが、その後の情報が途絶えていた。それが今回、サプライズとしての情報公開になった。

同様の発表は、前日7月6日、フランス・パリで開催中のジャパンエキスポでも行われている。ロサンゼルスのイベントは、それに続くものだ。「HATSUNE MIKU ENGLISH」は海外ユーザー向けの商品となることから、日本のポップカルチャーの人気の高いフランス、海外でもファンの多い米国が発表の場として選ばれたようだ。
米国の会場は、パネルの開催発表が一週間前だったにも関わらず、多数のファンが詰めかけた。そして、英語版のリリースが2013年夏と伝えられると大きな歓声があがった。会場では英語で歌う初音ミクの楽曲が披露され、そのクリアーな発音が、また多くのファンを驚かせた。

気になる仕様の一部も明らかにされている。データベースはVocaloid3となり、音声は日本語版と同様声優の藤田咲さんの声を採用している。さらにボーカルエディターのpiapro Studio、楽曲制作ワークステーションStudio One Artst 2.5 piapro editionを盛り込む。
また、ダウンロード版がBigfishstudioを通じて発売される。Mac版も開発中で、ギークなユーザーへの配慮が至るところに見られる。クリプトン・フューチャー・メディアは、英語版初音ミクの登場で、英語を使ったボカロPや楽曲が楽しみと話す。
発売時期決定とともに、英語版公式サイト「HATSUNE MIKU ENGLISH」もオープンした。今後は、こちらを通じて情報発信していく予定だ。

HATSUNE MIKU ENGLISH
/http://mikuenglish.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集