「劇場版 まどか☆マギカ」第3弾 前2作を遥かに上回る全国公開 7月6日前売り開始 | アニメ!アニメ!

「劇場版 まどか☆マギカ」第3弾 前2作を遥かに上回る全国公開 7月6日前売り開始

『魔法少女まどか☆マギカ』が2013年秋に、また大きな衝撃を放つ。劇場映画第3弾となる『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』が全国公開する。

ニュース
(c)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
  • (c)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
2011年のテレビアニメシリーズ、2012年の2本の劇場映画、アニメファンから圧倒的な人気と評価を受けた『魔法少女まどか☆マギカ』が2013年秋に、また大きな衝撃を放つ。劇場映画第3弾となる『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』が全国公開する。
2012年秋には、[前編]始まりの物語」、「[後編]永遠の物語の2作品が相次いで公開され合わせて11億円突破の大ヒットなった。完全新作となる[新編]叛逆の物語は、さらに大きなヒットを狙うことになる。

6月28日に、本作の第1弾前売り鑑賞券の7月6日販売開始が発表された。併せて前売券の販売劇場、公開劇場も明らかにされたが、その劇場数は120館以上、前2作を遥かに上回る規模である。
現時点でもかなりの数で、2013年に大ヒットになった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や2011年から2012年に上映されヒットした映画『けいおん!』にも匹敵する。深夜アニメ発の劇場アニメとしては、かなりの大作となる。従来のファンだけでない層の取り込みも目指した期待作となりそうだ。

7月6日に販売開始する前売券は、ファンにはうれしい特典付きとなっている。本作のキービジュアルをもとにした特製クリアファイルである。こちらのビジュアルも公開されている。ダークな背景に佇む一人の少女、前2作のビジュアルと一転したイメージを採用した。
一枚のビジュアルではあるが、『まどか☆マギカ』の新しい物語への想像をかきたてる。

『魔法少女まどか☆マギカ』は、総監督に新房昭之さん、脚本に虚淵玄さん(ニトロプラス)、キャラクター原案に蒼樹うめ、そしてアニメ制作をシャフトが担当するなど当代きってのクリエイターたちが集結する。昨年公開の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語』は、テレビシリーズ全12話を再編集したものだ。第3弾は、完全新作の新しい映像と物語が期待されている。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』
2013年秋全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画
/http://www.madoka-magica.com/puella.html

第1弾前売り鑑賞券7月6日より全国劇場にて販売開始
価格: 一般券:1500円(税込)、ムビチケカード(一般):1600円(税込)
特典: 特製クリアファイル
※数量限定、無くなり次第販売終了
※今後、第2弾、第3弾前売り券と前売り特典を予定。
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集