「宇宙戦艦ヤマト2199」第六章舞台挨拶 菅生隆之、大塚明夫、出渕裕総監督が登壇 | アニメ!アニメ!

「宇宙戦艦ヤマト2199」第六章舞台挨拶 菅生隆之、大塚明夫、出渕裕総監督が登壇

6月15日より『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」のイベント上映がスタートした。上映初日には新宿ピカデリーにてシリーズ恒例の舞台挨拶が行われた。

ニュース
『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章舞台挨拶
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章舞台挨拶
  • 菅生隆之さん
  • 大塚明夫さん
  • 出渕裕さん
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章場面
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章場面
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章場面
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章場面
6月15日より『宇宙戦艦ヤマト2199』第六章「到達!大マゼラン」のイベント上映がスタートした。上映初日には新宿ピカデリーにてシリーズ恒例の舞台挨拶が行われた。
第六章ではヤマトクルーより艦長・沖田十三役の菅生隆之さん、ガミラス側からはエルク・ドメル役の大塚明夫さん、そして総監督の出渕裕さんが登壇した。声優陣のなかでも特に重厚なふたりの出演だ。

3人が姿を現わすと、劇場を満員にした約600名の来場者は割れんばかりの拍手となった。五章までと同様の大盛況のスタートである。

菅生さんは本作について、「第六章では、男と男のぶつかり合い、引くに引けない戦国武将の東軍と西軍のような戦いになるように、大塚君と二人で話し合って作り上げました。迫力のあるガチンコ勝負になったと思っています」と仕上がりに自信を見せた。
またドメルには興味を持っているようで「(沖田は)自分にとって非常に思い入れのある素晴らしい役です。絶対に手放したくない役ですが、敢えて他の役を演じるとするならば、ドメルという敵の将は、ぜひ演じてみたい役柄です」と明かした。

大塚さんも「燃えつきました!」「(初代ヤマトでは)ドメルの人間的な背景まではあまり描かれていなかったのですが、2199ではそのあたりにまで踏み込んで描かれ、キャラクターとしての厚みが出て嬉しかったです」と自身の演じる役柄について話した。
さらに「沖田という役柄は、すべてを受け入れ飲み込んだ上で言葉を発するので、とても難しいと思います。菅生さんぐらいの方でないと成り立たないのではと思います」とその演技を讃えた。

出渕監督は「構想段階より、ドメル役は大塚さんにと決めており、4年程前に飲み屋で偶然会った際、事務所も通さずご本人に直接オファーをしてしまいました(笑)」と秘話を暴露した。
最後は出渕監督が「第六章では、菅生さん演じる沖田と大塚さん演じるドメル、自分の中で理想の戦いを描けて感無量です。ぜひ次章も楽しみにしていてください」と観客にメッセージを伝え、舞台挨拶は幕を閉じた。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は7月26日にBlu-ray&DVDの第6巻が発売。8月24日には第七章のイベント上映開始が決定している。作品のフィナーレに向けて、物語は加速していく。
[高橋克則]

『宇宙戦艦ヤマト2199』
/http://www.yamato2199.net/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集