「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」8月16日公開 日本版吹替えに高橋みなみさんら | アニメ!アニメ!

「スマーフ2 アイドル救出大作戦!」8月16日公開 日本版吹替えに高橋みなみさんら

ニュース

8月16日公開のファミリーアニメーション映画『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』の日本語吹替版キャストが決定した。メインキャラクター・スマーフェット役をAKB48の高橋みなみさん、ハッカス役を芸人・アンタッチャブルの山崎弘也さん、ブルー役を五十嵐陽向さんの3人が演じる。
本作は青い色をした個性豊かな妖精たちが活躍するファンタジックなストーリーだ。今回は、そんな作品に相応しい個性的なキャストが揃った。

また、高橋みなみさんが演じるスマーフェットは、妖精の国のアイドルとして作中で活躍する。国民的アイドルの一員として活躍する高橋さんは、適役だ。今回がハリウッド映画の声優初挑戦となるが、その意気込みも十分だ。
「今回このような役を頂けてとても嬉しいです! スマーフは幸せを呼ぶ小さな妖精。みなさんがハッピーな気持ちになれるように気持ちを込めて演じたいと思います!!」。

一方、山崎さんのハッカスは、そのスマーフェットを誘拐して悪の道にそそのかす役どころだ。ところが逆に仲良くなってしまうノーテンキな面を合わせ持つ。
「ザキヤマの人生をこのスマーフ2にぶつけたいと思います!この作品で声が出なくなってもいいぐらいの気持ちで。まあ、実際、声が出なくなることはないと思うんですが、それぐらいの勢いで行くぞ的な感じで頑張ります!なんか振り回すような言い方してすみませんでした」と、ハマり役であったようだ。

そして子役として人気上昇中の五十嵐さんは声優初挑戦でハリウッド映画という大役だ。スマーフェットを救出するためにスマーフと一緒に奔走する人間夫婦の長男・ブルーを務めた。
「ようせいたちのおはなし、おもしろいよ。ぼくはクラムジーがだいすき!!ブルーやくのアフレコがんばります。みにきてね~」と堂々とした様子である。

ピエール・クリフォールの同名マンガを原作としる『スマーフ』は、全世界で5億6000万ドル(約560億円)のスーパーヒットを記録した。実写とCGアニメーションを組み合わせた映像も好評を博している。
前作から2年。世界中で愛されている人気キャラクターが、この夏、再び幸せを届けにやってくる。幸せを求めに劇場に足を運んでみたい。

『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』
8月16日(金)全国ロードショー
/http://smurfs2.jp/  
《真狩祐志》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集