アフリカ・ナイジェリアに日本アニメチャンネル 24時間無料放送で今秋開局目指す | アニメ!アニメ!

アフリカ・ナイジェリアに日本アニメチャンネル 24時間無料放送で今秋開局目指す

アフリカの大国ナイジェリアで、日本アニメを中心に日本文化を伝える24時間無料視聴のテレビチャンネルの開局準備が進んでいる。太陽インダストリーアフリカの事業「Nigeria Taiyo Channel」である。

ニュース
ナイジェリアはアフリカ随一の大国だ。(c)Getty
  • ナイジェリアはアフリカ随一の大国だ。(c)Getty
近年、日本アニメの海外進出の課題として、作品を視聴者に伝える手段、各国でのテレビ放送枠の確保などの必要性が言及されている。しかし、海外では大手放送局で日本アニメの枠を確保することは以前に比べて難しくなってきている。
そうしたなかアフリカの大国ナイジェリアで、日本アニメを中心に日本文化を伝える24時間無料視聴のテレビチャンネルの開局準備が進んでいる。株式会社太陽インダストリーアフリカの事業「Nigeria Taiyo Channel」である。2013年秋の開局を目指す。

このチャンネルは、アフリカ向けのビジネスを展開する太陽インダストリーアフリカが、ナイジェリアの大手民間テレビ局Channels TVとテレビチャンネルの独占契約を結ぶことで実現する。事業コンセプトを「アフリカの子供たちのために、未来のために」とし、子供教育や情操教育に役立つチャンネルを目指す。
アニメだけでなく、実写番組、コマーシャルなどの放送も予定している。さらに今後は、商品展開や日本のアニメスタッフによるナイジェリアオリジナルアニメの制作も目指す。太陽インダストリーアフリカは、今年の東京国際アニメフェア2013にも出展し、こうした活動を紹介していた。

日本アニメの海外展開が注目されるなか、これまでは北米やヨーロッパ、そしてアジア各国、中国、インドなどが重要市場とされてきた。いずれも日本アニメに親しみを持つファンが多いことや市場の大きさが理由だ。
そうした中で日本から地理的にも遠いナイジェリアで日本アニメというのはやや驚きがある。しかし、アフリカの中央に日本の2.5倍の面積を持つ同国は、人口1億6000万人超とアフリカ最大を誇る。経済成長率は高く、周辺国にも影響力が大きい。太陽インダストリーアフリカは、こうしたナイジェリアの優位性にいち早く目をつけ、日本の有力コンテンツであるアニメを同国に持ち込む。

太陽インダストリーアフリカ
/http://taiyo-industry.jp/index.html
Channels TV
/http://www.channelstv.com/home/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集