グラフィニカのCG世界「ガールズ&パンツァー」メイキング Too アニメ制作ワークフローセミナー | アニメ!アニメ!

グラフィニカのCG世界「ガールズ&パンツァー」メイキング Too アニメ制作ワークフローセミナー

「Too アニメ制作ワークフローセミナー」の第10弾が、5月30日に開催される。これまでも話題作、注目のCGスタジオを取り上げてきた本セミナーの今回のテーマは、テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』である。

ニュース
3DCGツールを使ったアニメ制作のワークフローを紹介してきた「Too アニメ制作ワークフローセミナー」の第10弾が、5月30日に開催される。これまでも話題作、注目のCGスタジオを取り上げてきた本セミナーの今回のテーマは、テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』である。
少女と戦車という意表を突いた組み合わせ話題を呼んだ本作は、映像技術でも見どころが多い。CGパートを担当したグラフィニカが「TVアニメ『ガールズ&パンツァー』メイキング~グラフィニカが織りなすメカとアニメCGの世界~」と題してその制作を明かす。

セミナーは3DCGツールを扱うため、技術的な部分が大きくなる。AUTODESK 3DS MAXを中心にデジタルアニメ制作のワークフロー紹介するかたちだ。
このためセミナーの対象者は、デジタルでのアニメ・映像制作に携わる人、アニメ制作に3DCGツールなどの導入を検討中の人、または3DCG初心者としている。逆に、アニメ制作におけるCGツールの活用方法を知りたいという人には最適だろう。

これまでのセミナーで好評を博してきたTooのセミナーだけに今回も期待が出来る。スタートは5月30日の15時からで、およそ3時間になる。
参加は無料だが、事前登録が必要だ。定員は300名と限られており、申込者多数の場合は抽選となる。

『ガールズ&パンツァー』は、戦車を使った武道“戦車道”が女性のたしなみとされている世界が舞台。女子高生たちが戦車を駆使して戦う異色のアニメだ。
監督に『おおきく振りかぶって』の水島努さん、構成・脚本に「けいおん!」シリーズの吉田玲子さんといった豪華スタッフが参加する。アニメ制作はアクタス、実在する戦車を作中でCGとして動かすのが、『戦闘妖精雪風』などで高い評価を受けるグラフィニカだ。

「TVアニメ『ガールズ&パンツァー』メイキング~グラフィニカが織りなすメカとアニメCGの世界~」
/https://form.too.co.jp/form/fm/dms/gp

主催: Too
協力: グラフィニカ / GIRLS und PANZER Projekt
協賛: オートデスク メディア&エンターテインメント 日本ヒューレット・パッカード/ピー・ソフトハウス

日時: 2013年5月30日(木)  15時~18時 終了予定 (14時半 受付開始)
定員: 300名 (無料/事前登録制/申込者多数の場合は抽選)
場所: ベルサール秋葉原 ホールB
[地図] /http://www.bellesalle.co.jp/bs_akihabara/access.html

『ガールズ&パンツァー』公式サイト
/http://girls-und-panzer.jp/

《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集