「009 RE:CYBORG」のBlu-ray/DVDがついにリリース 豪華版には3D本編収録 | アニメ!アニメ!

「009 RE:CYBORG」のBlu-ray/DVDがついにリリース 豪華版には3D本編収録

ニュース

2012年10月公開の映画『009 RE:CYBORG』は、石ノ森章太郎が遺した未完の傑作『サイボーグ009』に「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズの神山健治監督が挑んだ作品だ。
セルアニメの質感を再現した本作のCGアニメーションは大きな衝撃をもって迎えられた。革新的な表現技術と新たなキャストによって、全く新しい劇場アニメに生まれ変わっている。

その話題作がついにBlu-ray DiscとDVDになって登場する。5月22日に豪華版Blu-ray BOX、通常版Blu-ray、通常版DVDの3アイテムがリリースされる。
なかでも注目は様々な特典が付属するBlu-ray BOXだ。まず、ディスクは3枚組となり、それぞれ2D本編、3D本編、特典を収録する。立体視の映像を楽しむことができる
3D本編は、BOXにのみ収録されている。監督のロングインタビューや舞台挨拶などを収めた特典ディスクは、120分を越える大ボリュームになった。

また、メイキングブックは2冊用意されている。「009 RE:ANIMATION」はアニメ制作の舞台裏に迫る112ページのプロダクションノートだ。新しい試みとなったセルルック3DCGの制作を中心に、背景美術や音楽制作など、本作の技術面に迫っている。声優・宮野真守さんと斎藤千和さんの対談や、音楽・川井憲次さんのインタビューも新規収録した。
一方の「009 RE:CREATION」は映画に隠された謎を解き明かす32ページのテキストブックだ。公開後に再取材した神山監督のインタビューをはじめ、作品に仕掛けられた秘密を追求している。本編を繰り返し楽しみたいファンための一冊に仕上がった。作品を徹底的に楽しむ人にお薦めだ。

さらに描き下ろしコミック「サイボーグ009 旅立ち編 ~Setting off~」も同梱した。原作から映画に至る空白の四半世紀を描く56ページの完全新作だ。ストーリーは神山監督、作画はシュガー佐藤さんが担当している。
通常版のBlu-rayとDVDには、本編ディスクとともに23ページのブックレットが付属する。価格はBlu-ray BOXが10290円、Blu-rayが6090円、DVDが5040円(全て税込)となる。
[高橋克則]

『009 RE:CYBORG』
/http://www.ph9.jp/



『009 RE:CYBORG』
5月22日 Blu-ray/DVD発売
豪華版 Blu-ray BOX: 10290円(税込)
通常版 Blu-ray: 6090円(税込)
通常版 DVD: 5040円(税込)
発売元: バップ

[スタッフ]
原作: 石ノ森章太郎
脚本・監督: 神山健治
音楽: 川井憲次
キャラクターデザイナー: 麻生我等
美術監督: 竹田悠介
サウンドデザイナー: トム・マイヤーズ
制作: Production I.G/サンジゲン
製作: 「009 RE:CYBORG」製作委員会
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集