「ヱヴァ新劇場版:序」 3月に米国大手CATVで放映発表  | アニメ!アニメ!

「ヱヴァ新劇場版:序」 3月に米国大手CATVで放映発表 

ニュース

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は、2007年の『序』公開以来、日本全国で一大ムーブメントを巻き起こしている。そんな本作は海を越え海外でもアニメファンの間で人気が高い。
米国ではDVDやBlu-ray Discの発売のほか、劇場公開や作品に関連した展示会、イベントも行われており。日本アニメを代表する作品とみられている。

そうしたなかで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が、大手のエンタテインメントチャンネルであるカートゥーンネットワーク/アダルトスイム(Adult Swim)で放映されることが決まった。北米でシリーズの展開を手がけるファニメーションが、3月8日から10日までテキサス州オースチンで開催されていたSXSW Gaming Expoの自社イベントで発表した。
放送はアダルトスイムの中の“Toonami”と呼ばれる日本アニメの放映が多い枠である。3月17日に予定されているToonamiバースデー・パーティー・スペシャルの目玉作品となるようだ。また、放映は『Evangelion 1.11』としており、デジタルマスター版となる。

米国でも人気の高い日本のアニメだが、近年はインターネットで日本とほぼ同時に最新作を視聴することが増えておりテレビ放送はあまり多くない。なかでも映画の放映は少ないため、今回の大型作品の放映は米国のファンにとってうれしい機会になりそうだ。

また、今回放映を行うToonamiは、カートゥーンネットワークとチャンネルをシェアする土曜日の深夜に6時間の放映枠を持つ。往年のブランドをヤングアダルト向けとして、2012年に復活した。日本アニメが多く、現在は『NARUTO』や『BLEACH』、『天地無用』、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』、『カウボーイビバップ』、『犬夜叉』を放映する。今年2月からは『ソウルイーター』の放映もスタートしている。

Toonami
/http://video.adultswim.com/toonami/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集