「劇場版STEINS;GATE」ビジュアル一挙公開 キャラデザイン・坂井久太さん描きおろし | アニメ!アニメ!

「劇場版STEINS;GATE」ビジュアル一挙公開 キャラデザイン・坂井久太さん描きおろし

ニュース

4月20日の全国ロードショー決定で、『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』もいよいよその動きを加速させている。2月8日には、その新たなキービジュアル、場面カットも公開された。
新ビジュアルは、本作のキャラクターデザインと総作画監督を務める坂井久太さんの描き下ろしだ。秋葉原の街を背景に、倫太郎、そして紅莉栖が立っている。これまでのビジュアルとは異なり、青空と建物も描かれている。作品世界の背景が垣間見えるショットでもあるかのようだ。

『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』は、人気ゲームソフトを原作にしている。秋葉原を舞台に、厨二病を抜け出せない大学生・岡部倫太郎を主人公に、未来ガジェット研究所を巡る面々がタイムマシンを利用して、世界の運命を変えるべく活躍する。
アニメは2011年にテレビシリーズ化、その中で一旦完結をみている。それだけに「負荷領域のデジャヴ」とタイトルされた本作が、一体どんな物語になるのかも気になるところだ。

2月2日には、メタルチャーム付き前売券も販売開始している。岡部倫太郎、橋田至、桐生萌郁、フェイリス・ニャンニャンの4種で価格は各2000円(税込)。4種のコンプリートセットは8000円(税込)となっている。
また、3月14日に発売となるPS Vita版『STEINS;GATE ダブルパック初回限定版』封入前売券も豪華だ。こちらは前売券に『STEINS;GATE』と『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』のゲーム2セット、メタルチャーム(ラボメンマーク)、「だが男だ」セット(柳林神社巫女服他アクセサリー同梱)込みで価格は18690円(税込)である。

今後の情報は1月28日から発売されているiPhoneアプリ(500円)でチェックするのがオススメだ。このアプリは公式サイトより先に最新情報が配信される。劇場公開日に劇場パンフレットのデジタル版が配信されるのも特徴になっている。
公開される劇場数は2月1日現在で、全国18館ある。テレビシリーズのスタッフが再集結した力作の結末をこの目で確かめたい。
[真狩祐志]

『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』
4月20日(土) 全国ロードショー
角川シネマ新宿、シネマサンシャイン池袋ほか
/http://steinsgate-movie.jp/

[スタッフ]
原作: 志倉千代丸/MAGES./Nitroplus
企画: 安田猛
スーパーバイザー: でじたろう
総監督: 佐藤卓哉・浜崎博嗣
監督: 若林漢二
シナリオ監修: 松原達也、林直孝
脚本: 花田十輝
キャラクター原案: huke
キャラクターデザイン・総作画監督: 坂井久太
アニメーション制作会社: WHITE FOX

[キャスト]
岡部倫太郎: 宮野真守
椎名まゆり: 花澤香菜
橋田至: 関智一
牧瀬紅莉栖: 今井麻美
桐生萌郁: 後藤沙緒里
漆原るか: 小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン: 桃井はるこ
阿万音鈴羽: 田村ゆかり
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集