日本デジタルゲーム学会 2012年次大会は福岡開催 基調講演に九州ゲーム会社の経営者 | アニメ!アニメ!

日本デジタルゲーム学会 2012年次大会は福岡開催 基調講演に九州ゲーム会社の経営者

ニュース

日本のデジタルゲーム領域の研究と発展を目指す日本デジタルゲーム学会が、2012年次大会の概要を明らかにした。2013年3月4日と5日、福岡県の九州大学大橋キャンパスにて開催する。
ゲーム産業の企業集積地として、近年、注目が増している福岡の地でデジタルゲームの最新の研究発表と議論が行われる。産業と学問が交差する試みとしても面白いものとなる。

すでに二つの基調講演も決まっている。ひとつは、九州大学副学長・佐藤優さんによる「芸術工学の展開」と同大学大学院芸術工学研究院教授・源田悦夫さんによる「芸術と工学の融合を求めて」だ。芸術と工学を融合させるあまりない取り組みを続ける九州大学の経験を語る。

また、「デジタルゲームのこれまで、そしてこれから」では、九州地区のゲーム企業のトップ3人がパネルィスカッションをする。レベルファイブの日野晃博・代表取締役社長、サイバーコネクトツーの松山洋・代表取締役社長さん、ガンバリオンの山倉千賀子・代表取締役社長である。いずれも九州という枠組みを超え、日本、さらに海外へとビジネスを広げる話題の企業を率いる。
テーマも日本のデジタルゲーム業界のこれまでとこれからと視野が大きい。モデレーターを遠藤雅伸さんが務める。

日本デジタルゲーム学会は、日本においてデジタルゲーム研究に関する数少ない学術的な発表の場となっている。年次大会は今回で3回目とまだまだ歴史は若い。それだけにアカデミックなアプローチからいかにゲームに貢献出来るのか問われているところだ。
今大会の共通テーマは「デジタルゲーム研究の発展-アジアを背景としたコンテンツ創成・地域の魅力の発信-」。福岡はアジアに近いといった特色もある。これがゲームにどうつながるかも今後の課題だ。年次大会の参加費は会員が一般3000円(学生1000円)、非会員が一般5000円(学生2000円)である。詳細は日本デジタルゲーム学会のサイトにて確認出来る。
[真狩祐志]

DiGRA JAPAN 2012
/https://www.digrajapan.org/conf2012/

日程: 2013年3月4日(月)・5日(火) 9:30~
場所: 九州大学芸術工学部(大橋キャンパス) 多次元ホール・5号館
主催: 日本デジタルゲーム学会(DiGRA JAPAN)
協力: 福岡ゲーム産業振興機構
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 日本デジタルゲーム学会設立へ(5/9) 画像 日本デジタルゲーム学会設立へ(5/9)
  • デジタルゲームの国際学術会議DiGRA 開催概要を発表(8/11) 画像 デジタルゲームの国際学術会議DiGRA 開催概要を発表(8/11)
  • ゲーム表現規制の妥当性を調査 デジタルゲーム学会が報告会 画像 ゲーム表現規制の妥当性を調査 デジタルゲーム学会が報告会

特集