映画プリキュア シリーズ初の週末興収1位 累計観客動員1000万人も目前 | アニメ!アニメ!

映画プリキュア シリーズ初の週末興収1位 累計観客動員1000万人も目前

ニュース

2004年に、テレビアニメ『ふたりはプリキュア』でスタートした「プリキュア」シリーズが快調だ。シリーズ9年目を迎える中で、2012年10月27日より全国公開となった映画『スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』が、週末2日間の興収で初登場1位となった。
本作はシリーズ映画としては13作目となる。これまでも毎回上位に喰い込んできたが、週末興収初登場1位はシリーズ初となる。

本作は10月27日に全国127館で公開された。全国規模の劇場公開としては中規模だ。しかし、10月27日と28日の累計興行成績jは1億9073万8000円、動員数は17万1432人だった。
同日公開となった話題作CGアニメ『009 RE:CYBORG』、『アルゴ』、『終の信託』、さらにロングランとなっている『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』、『ツナグ』などを上回った。製作会社の東映アニメーションによれば、3歳か10歳の女の子やそのファミリー層を中心に人気を集めているという。
最終的な累積興収は、ヒットの目安とされる興収10億円前後になる可能性が強そうだ。また、本作の公開中に、「映画プリキュア」シリーズの累計観客動員1000万人の達成も実現する見込みだ。「プリキュア」シリーズの人気とそのブランド力をみせつける。

『絵本の中はみんなチグハグ!』は、テレビシリーズ『スマイルプリキュア!』の劇場版である。『スマイルプリキュア!』は、女の子に人気のシリーズの9作目にあたる。
今回のストーリーでは、キャラクターたちは絵本の世界に行ってしまう。そこはいろんなお話のキャラクターがいるが、どこかチグハグになってしまった世界。プリキュア達は、ステキな物語を絶対に取り戻すために奮戦する。
また、今回は好評を博している子どもたちが映画の中のプリキュアを応援する観客参加型の企画も多く取り込んだ。ライブ感のある興行となっている。

映画『スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』
2012年10月27日(土)より、全国172館の劇場にて公開中
/http://www.precure-movie.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集