「伏 鉄砲娘の捕物帳」に個性豊かな新キャスト 桂歌丸、竹中直人、劇団ひとり  | アニメ!アニメ!

「伏 鉄砲娘の捕物帳」に個性豊かな新キャスト 桂歌丸、竹中直人、劇団ひとり 

2012年10月20日に公開となるアニメ映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』に、個性的なゲスト声優が加わる。このほど新たなキャストとして、落語家の桂歌丸さん、俳優で映画監督の竹中直人さん、お笑いタレントの劇団ひとりさんの出演が発表された。

ニュース
滝沢馬琴(桂歌丸)
  • 滝沢馬琴(桂歌丸)
  • 世四郎(劇団ひとり)
  • 住職(竹中直人)
2012年10月20日に公開となるアニメ映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』に、個性的なゲスト声優が加わる。このほど新たなキャストとして、落語家の桂歌丸さん、俳優で映画監督の竹中直人さん、お笑いタレントの劇団ひとりさんの出演が発表された。
著者・滝沢馬琴を演じるのは桂歌丸さん、お笑いタレントの劇団ひとりさんは、主人公浜路とともに長屋で暮らすことになる世四郎役を演じる。竹中直人さん住職役は演じる。また、監督の宮地昌幸さんによる、声優を担当する役者へのコメントも公開された。

『伏 鉄砲娘の捕物帳』は、直木賞作家・桜庭一樹さんの『伏 贋作・里見八犬伝』が原作である。監督を『亡念のザムド』の宮地昌幸さん、脚本を『コードギアス-反逆のルルーシュ-』の大河内一楼さんが手がけるなど、実力派スタッフが結集した注目作だ。
キャストも、主人公の少女猟師「浜路」に『けいおん!』『TIGER & BUNNY』の寿美菜子さん、人と犬の血をひく伏である「信乃」に『機動戦士ガンダムOO』『シュタインズ・ゲート』の宮野真守さんなど、話題の声優陣の参加がすでに発表されている。

『南総里見八犬伝』の著者・滝沢馬琴役の桂歌丸さんは、落語芸術協会の会長であり、長寿番組「笑点」の司会もつとめる人気落語家である。声優としては、かつてテレビアニメ『落語天女おゆい』に本人役として特別出演しているが、本格的に役を演じるのは今回が初めてとなる。
宮地監督は「馬琴役はこの作品の象徴、言葉の重さや存在感に特別な魔法が必要でした。気品、孤高さ、色艶、江戸の風そしてキュートさ。馬琴と歌丸師匠。たった一人で沢山の観客を沸かせるお二人の姿が、どこかで重なって見えてきたのです。今回、この作品に関わって頂けて、本当に感無量です。」と絶賛のコメントを寄せている。

お笑いタレントの劇団ひとりさんは俳優としても活躍し、『ドラえもん のび太の恐竜2006』や『コララインとボタンの魔女』など声優の経験もある。
宮地監督は「小説やお笑いなど、ひとりさんの人間観察力と擬態能力には、前から注目していました。今回の世四郎役は科白の多い役。なのに、上手すぎて収録が早く終わってしまったほど。ありがとうございました。」とエールを贈る。

竹中直人さんが扮する住職役は、浜路が江戸に旅立つきっかけをつくる。映画、演劇、テレビと多彩な活動で知られ、『機動警察パトレイバー2』や『シュレック』シリーズなど、声優としても印象的なキャラクターを演じてきた。
宮地監督も「昔から竹中さんの大ファン。演劇、笑い、映画観など沢山の影響を受けた方です。物語の冒頭、浜路を江戸へと送り出す住職を演じて頂きました。深刻になりすぎない、朗らかな役にピッタリ。嬉しかったです。」と感激を語っている。

実力派のキャスト陣を揃え、ますます注目の集まる『伏 鉄砲娘の捕物帳』は、10月20日(土)よりテアトル新宿ほかで全国ロードショーされる。
[多摩永遠]

『伏 鉄砲娘の捕物帳』
10月20日(土)テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト /http://fuse-anime.com
twitter公式アカウント: @fuse_anime

[スタッフ]
原作: 桜庭一樹著「伏 贋作・里見八犬伝」(文藝春秋刊)
監督: 宮地昌幸
脚本: 大河内一楼
ビジュアルイメージ: okama
人物設計: 橋本誠一 
美術監督: 吉原俊一郎
美術設計: 青木薫
音楽: 大島ミチル
主題歌: Chara『蝶々結び』
配給: 東京テアトル

[声の出演]
寿美菜子、宮野真守、宮本佳那子、小西克幸、坂本真綾、水樹奈々、神谷浩史、野島裕史、竹中直人、劇団ひとり、桂歌丸
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集