京都でマンガ家発掘 トキワ荘プロジェクト、京都国際マンガ・アニメフェアで出張企画 | アニメ!アニメ!

京都でマンガ家発掘 トキワ荘プロジェクト、京都国際マンガ・アニメフェアで出張企画

マンガ家志望者を支援するトキワ荘プロジェクト」が、9月21日(金)、京都国際マンガ・アニメフェアのビジネスデーにおいて、京都版トキワ荘事業として「マンガ出張編集部」を開催する。

ニュース
会場は京都国際マンガ・アニメフェア
  • 会場は京都国際マンガ・アニメフェア
マンガ家志望者を支援するトキワ荘プロジェクトが、9月21日(金)、京都国際マンガ・アニメフェアのビジネスデーにおいて、京都版トキワ荘事業として「マンガ出張編集部」を開催する。関西でのマンガ家発掘と育成支援を目指す。
当日は、東京から有力なマンガ雑誌編集部が会場に出展し、関西圏のマンガ家志望者たちを対象に面接・指導をおこなう。プロのマンガ家を目指す人にはうれしい企画だ。

トキワ荘プロジェクトは、2006年に発足した。以来、東京都内で200人を超えるマンガ家志望者に安価な住居を提供するプロジェクトを続けてきた。現在は、都内の一軒家を21軒借り上げ、116部屋を提供している。これまでに23名がプロとしてデビューを果たしている。
2012年には、京都市において「京都版トキワ荘事業」を受託している。京都でマンガを学ぶ学生や、近畿圏でマンガ家志望者として活動する若者の支援をおこなっていくことになった。

現在、京都市内にはマンガ教育を実施している大学が3校ある。関係学部学科では、1000人近い学生が学んでいる。
また京都市には、全国初のマンガ文化の総合拠点である「京都国際マンガミュージアム」もある。さらにこの9月には、マンガ・アニメを活用した新産業の創出、人材育成などを目的とした京都国際マンガ・アニメフェアが開催される。こういった環境の中、トキワ荘プロジェクトは、その計画を万全のものとすべく、現地の調査や下地作りをおこなっている。

その事業の一環として、今回の「マンガ出張編集部」が企画された。当日は「ジャンプスクエア」(集英社)、「なかよし」(講談社)、「少年エース」(角川書店)、「月刊Gファンタジー」(スクェアエニックス)など、約20の編集部が参加し、関西圏のマンガ家志望者からの原稿の持ち込みを受け付ける。
費用は無料で、現在オフィシャルサイトで事前エントリーを募集中である。
[多摩永遠]

トキワ荘プロジェクト公式サイト /http://tokiwasou.dreamblog.jp/
マンガ出張編集部 
/http://www.tokiwa-so.net/kyoto/

主催: 京都市 京都版トキワ荘事業 (受託者:トキワ荘プロジェクト/NPO 法人 NEWVERY)
開催日時: 平成24年9月21日(金)12時~17時
開催場所: みやこめっせ京都勧業館 地下1階(「京都国際マンガ・アニメフェア」会場)
持込対象者: 京都市を中心とした関西圏のマンガを学ぶ学生、マンガ家志望者

[当日、必要なもの]
自作マンガの完成原稿(生原稿、コピー・印刷したものなど)・自分の同人誌、掲載商業誌、授業の課題作品など印刷したもの

[出展編集部]
【集英社】
ジャンプスクエア、ジャンプ改、週刊ヤングジャンプ
【コアミックス】
月刊コミックゼノン
【講談社】
ITAN、月刊少年ライバル、イブニング、Kiss、なかよし
【小学館】
スペリオール、スピリッツ
【角川書店】
少年エース、4コマなのエース 
【NTT ソルマーレ】
デジタルコミック誌『オヤジズム』
【スクウェア・エニックス】
月刊少年ガンガン、月刊 G ファンタジー、ヤングガンガン、ガンガン JOKER、ガンガン ONLKINE、ビッグガンガン
【メディアファクトリー】
月刊コミックフラッパー、月刊コミックアライブ、月刊コミックジーン【新潮社】月刊コミック@バンチ 
【ヒーローズ】
月刊ヒーローズ 
【マッグガーデン】
月刊コミックブレイド
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集