EDテーマはささきいさお「真赤なスカーフ」 『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章 | アニメ!アニメ!

EDテーマはささきいさお「真赤なスカーフ」 『宇宙戦艦ヤマト2199』第三章

『宇宙戦艦ヤマト2199』のの第三章に関連する新たな情報が、相次いで発表された。まず、大きなトピックは、第三章のエンディングテーマが ささきいさお さんの歌う『真赤なスカーフ』スターフに決まったことだろう。

ニュース
『宇宙戦艦ヤマト2199』 第三章「果てしなき航海」
  • 『宇宙戦艦ヤマト2199』 第三章「果てしなき航海」
2012年4月から全七章で展開をスタートした『宇宙戦艦ヤマト2199』は、10月13日より第三章に突入する。第7話から第10話までの4話から構成された「果てしなき航海」だ。
ヤマトは太陽系を抜け、いよいよ本格的なガミラスとの死闘が始まる。また、第三章からはオリジナルストーリーも加わり、物語はさらに盛り上がりを見せることになる。

この第三章に関連する新たな情報が、相次いで発表された。まず、大きなトピックは、第三章のエンディングテーマが ささきいさお さんの歌う『真赤なスカーフ』スターフに決まったことだろう。
作詞は阿久悠さん、作曲は宮川泰さん、ボーカルは ささきいさお さんとオープニングと同じだが、それとは対照的な哀愁を帯び楽曲は、往年のファンであれば懐かしいだろう。また、アニメの名曲とされているから、番組を観たことのない人でも知っている人は多いに違いない。今回は、この曲が歴史を越えて現代に蘇る。ファン必見のエンディングだ。

本編は、デスラー総統の作戦により絶体絶命の危機に陥ったヤマト、捕獲したガミラスの機械化兵とアナライザーの間に芽生えた友情に似た感情とその結末、異次元空間から脱出すためガミラス艦と協力するヤマトなど見どころたっぷりだ。
オリジナルストーリーを盛り込んだ、2012年の“宇宙戦艦ヤマト”への新解釈も気になるところ第四章以降に進むうえでのキーポイントにもなる。

作品は10月13日から全国各劇場で限定上映されるが、これまでの上映の好評を踏まえて、劇場が10館から12館に拡大される。MOVIX亀有、大阪ステーションシティシネマでも上映をする。
さらに劇場では劇場限定版Blu-ray Disc先行販売もする。劇場限定版BDだけの絵コンテ集付で価格は税込9000円である。そして11月22日からはBDとDVDの一般発売を開始する。
さらに第三章の10月13日初日舞台挨拶では、新宿ピカデリーにてアベルト・デスラー役の山寺宏一さん、レドフ・ヒス役の秋元羊介さん、出渕裕総監督が出演することになった。詳細は後日発表予定だ。

『宇宙戦艦ヤマト2199』 第三章「果てしなき航海」
10月13日(土)より上映開始
劇場限定版Blu-ray Disc先行販売
/http://yamato2199.net/

[上映劇場]
東京:新宿ピカデリー、MOVIX亀有/神奈川:横浜ブルク13/埼玉:MOVIXさいたま/千葉:MOVIX柏の葉/栃木:MOVIX宇都宮/大阪:大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ/京都:MOVIX京都/名古屋:ミッドランドスクエアシネマ/福岡:福岡中洲大洋/北海道:札幌シネマフロンティア



第3巻Blu-ray Disc&DVD 11月22日発売
《animeanime》
【注目の記事】[PR]
【注目の記事】[PR]

特集