幻の「ルパン三世 パイロット版」スクリーン上映も 杉井ギサブロー特集、横浜で開催 | アニメ!アニメ!

幻の「ルパン三世 パイロット版」スクリーン上映も 杉井ギサブロー特集、横浜で開催

杉井ギサブロー監督が手がけたテレビ、映画でこれまで観る機会の少なかった作品を集めて上映する企画が急遽決定した。8月17日より9月8日まで、横浜ブリリア ショートショート シアターで行われる「杉井ギサブローの、大人のアニメーション 特集上映」だ。

ニュース
「ルパン三世 パイロットフィルム」
  • 「ルパン三世 パイロットフィルム」
  • 「ルパン三世 パイロットフィルム」
  • 「ルパン三世 パイロットフィルム」杉井監督は銭形警部の原画を手掛けた。
  • 「ルパン三世 パイロットフィルム」
アニメ監督の杉井ギサブローさんにいま注目が集まっている。7月7日に最新の劇場監督作品『グスコーブドリの伝記』が公開、そして監督の創作活動を追った『アニメ師 杉井ギサブロー』が公開、さらに関連書籍の発刊などが続いている。
そうしたなかで杉井ギサブロー監督が手がけたテレビ、映画でこれまで観る機会の少なかった作品を集めて上映する企画が急遽決定した。8月17日より9月8日まで、横浜ブリリア ショートショート シアターで行われる「杉井ギサブローの、大人のアニメーション 特集上映」だ。『アニメ師 杉井ギサブロー』のコラボレーション企画ともなっている。

杉井ギサブロー監督は、戦後日本の商業アニメ黎明期からアニメ制作に関わってきた。1960年代の『鉄腕アトム』、そして『悟空の大冒険』、『どろろ』、『タッチ』、『銀河鉄道の夜』、『あらしのよるに』などの名作、ヒット作が多い。
特集上映では、特に初期の作品や大人向けの作品にこだわっている。いまだからこそ見たい作品を選りすぐり、杉井ギサブロー監督の創作活動に迫る、

上映は期間中の金、土、日の夜19時50分に、1日1プログラム、26作品11プログラムを組んでいる。多彩な作品で知られる監督の中でも特に興味深い作品が並んだ。
なかでも注目は、1971年から放送されたテレビシリーズ『ルパン三世』に先立って1968年に制作された「ルパン三世 パイロットフィルム」だろう。長さ13分、大隈正秋さん演出による本作の銭形警部の原画を杉井ギサブローさんが担当している。作品はその後、ほとんど観られることもなく、歴史の中に埋もれていった。この映像を、後に杉井ギサブロー監督・脚本により制作されたテレビスペシャル『ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密』と併せて上映する。

さらに近年実写映画も作られた『どろろ』、日本の商業テレビアニメにとっても杉井監督にとっても出発点なる『鉄腕アトム』をピックアップする。
劇場映『千夜一夜物語』と『哀しみのベラドンナ』は、その斬新な映像表現がアニメーションを超えて高く評価されている。セルアニメーションの可能性を追究した作品だ。


「杉井ギサブローの、大人のアニメーション 特集上映」
会場: 横浜ブリリア ショートショート シアター
TEL.045-633-2151//http://www.brillia-sst.jp/

期間: 
8月17日(金)より9月8日(土)まで 
19時50分より1日1プログラム上映(26作品11プログラム)

■ 8月17日(金)、18日(土)、19日(日)
「ルパン三世 パイロットフィルム」+「ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密」
■ 8月24日(金)
どろろ 特集1:「第1話:百鬼丸の巻 その一」「第2話:百鬼丸の巻 そのニ」「第3話:万代の巻 その一」「第4話:万代の巻 そのニ」
■ 8月25日(土)
どろろ 特集2:「第5話:無残帖の巻 その一」「第6話:無残帖の巻 そのニ」「第7話:妖刀似蛭の巻 その一」「第8話:妖刀似蛭の巻 そのニ」
■ 8月26日(日)
どろろ 特集3:「第9話:ばんもんの巻 その一」「第10話:ばんもんの巻 そのニ」「第11話:ばんもんの巻 その三」「第12話:白面不動の巻 その一」「第13話:白面不動の巻 そのニ」
■ 8月31日(金)
鉄腕アトム 特集1:「第6話:電光人間の巻」「第12話:十字架島の巻」「第17話:ロボットランドの巻」「第24話:地底王国の巻」
■ 9月1日(土)
鉄腕アトム 特集2:「第28話:マッドマシンの巻」「第33話:三人の魔術師の巻」「第38話:狂った小惑星の巻」「第45話:クレオパトラの首飾り巻」
■ 9月2日(日)
鉄腕アトム 特集3:「第49話:透明巨人の巻」「第53話:アトム・サヨナラ・1963年の巻/1/3実写と過去の再編集版)」「第89話:ゴメスの亡霊の巻」「第106話:宇宙から来た少年の巻」「第148話:ロビオとロビエットの巻」
■ 9月7日(金)
「千夜一夜物語」
■ 9月8日(土)
「哀しみのベラドンナ」

料金(税込)
一般:前売1200円/当日1400円、シニア・学生・ハンディキャップ:当日のみ1000円
年パス: 700円、3プロ券 前売3000円/当日3500円、通し券(前売)9900円/当日12000円
発売開始: 8月10日(金)12:00より
劇場公式サイト、シアター窓口にて
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集