「銀河鉄道の夜」レイト上映7月14日スタート 「アニメ師 杉井ギサブロー」 公開記念 | アニメ!アニメ!

「銀河鉄道の夜」レイト上映7月14日スタート 「アニメ師 杉井ギサブロー」 公開記念

ニュース 映画/ドラマ

7月7日から劇場アニメ『グスコーブドリの伝記』の全国ロードショーがスタート。それに合わせて杉井ギサブロー監督のドキュメンタリー映画『アニメ師 杉井ギサブロー』も7月28日から順次公開が始まる。
アニメ監督の杉井ギサブローさんに大きな関心が集まっている。杉井ギサブローさんは、『鉄腕アトム』の演出や、『悟空の大冒険』、『どろろ』、『タッチ』、『あらしのよるに』など数多くヒット作、話題作を監督してきたアニメ史における特筆すべき存在である。

その代表作1985年の『銀河鉄道の夜』が、7月14日から銀座シネパトスでレイトショーを開始する。名作として名高い本作を大型スクリーンで観る貴重な機会となる。
『銀河鉄道の夜』は、1985年制作で毎日映画コンクールの大藤信郎賞、文化庁映画功労賞などを受賞している。『グスコーブドリの伝記』と同じく宮沢賢治原作で、キャラクター原案もますむらひろしさんでもあることから、この機会に改めて見てみると新たな発見があるに違いない。

監督のトークイベントも予定されており、今後の詳細は公式サイトで確認出来る。このほか『銀河鉄道の夜』は、京都みなみ会館でも8月25日から上映される。

また、今回の上映は、『アニメ師 杉井ギサブロー』の公開を記念したものとなっている。『アニメ師 杉井ギサブロー』は、杉井ギサブローさん自身を描くドキュメンタリー映画である。
手塚治虫さんなど杉井ギサブロー監督に縁のある人物が数々登場する話題の作品だ。大塚康生さんやりんたろうさん、髙橋良輔さん、丸山正雄さんといった名だたる名監督からプロデューサーまでの視点を得て、杉井監督の人物像に迫る。
2本のアニメ映画さらに、この『アニメ師 杉井ギサブロー』も鑑賞するとさらに興味深いものとなりそうだ。『アニメ師 杉井ギサブロー』は、7月28日より銀座シネパトスにて公開する。
[真狩祐志]

『銀河鉄道の夜』
7月14日(土)より  連日 20:40~ 一回上映 (1時間47分)
当日料金: 一般・学生 1300円/シニア 1000円 (当日券のみ) 全席自由席
『アニメ師 杉井ギサブロー』前売券提示で 1000円 (トークショー除く)

杉井ギサブロー監督トークショー
日時: 7月21日(土) 20:40~
登壇者: 杉井ギサブロー監督 
通常のレイトショーと同じ料金で鑑賞。割引不可
当日券のみ(予約なし) 全席自由席
※ トークショー終了後、『銀河鉄道の夜』上映。

『アニメ師 杉井ギサブロー』 
/http://animeshi-movie.com/
7月28日(土)より銀座シネパトスにて公開
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集