劇場版「空の境界」未来福音 書き下ろし小説は130ページ超の大ボリューム | アニメ!アニメ!

劇場版「空の境界」未来福音 書き下ろし小説は130ページ超の大ボリューム

ニュース

『劇場版「空の境界」未来福音』は9月28日よりテアトル新宿ほか全国32館にてロードショーとなる。先日は来場者特典として、原作者・奈須きのこさんの書き下ろし小説「終末録音/the Garden of oblivion」を配布することが発表され、大きな話題を集めた。
このたび、武内崇さんが手掛ける表紙イラストが公開された。両儀式をはじめとした4人のキャラクターが描かれている。小説も130ページをこえる大ボリュームの内容で、ファン必携のコレクターズアイテムになりそうだ。特典は数に限りがあり、無くなり次第終了する。

そのほかにも様々な情報が明かされている。まず9月28日と29日に舞台挨拶を開催することが決定した。28日は『劇場版「空の境界」未来福音』の須藤友徳監督と、併映作品『劇場版「空の境界」未来福音 extra chorus』のあおきえい監督、そして黒桐幹也役の鈴村健一さんが登壇。29日は両監督に加えて、両儀式役の坂本真綾さんが出演する。
舞台挨拶は二日間合計で6劇場7回行われる予定だ。28日は、ユナイテッドシネマ前橋11:50の回(上映終了後)、MOVIXさいたま15:10の回(上映終了後)/18:20の回(上映前)、テアトル新宿 21:00の回(上映前)、29日はユナイテッドシネマ豊洲15:00の回(上映終了後)、TOHOシネマズ錦糸町16:50の回(上映終了後)、テアトル新宿21:00の回(上映前)となっている。
チケットは9月20日11時まで先行抽選販売を受け付けている。9月21日10時からは一般販売がスタート。価格は全席指定2000円だ。

さらに9月28日に日付が変わった直後の深夜0時には、各地の劇場で最速上映会も開催される。来場者特典の配布や、パンフレットの販売も行われるため、限定グッズ等を確実に入手できる嬉しい機会になる。最速上映会はテアトル新宿、新宿バルト9ほか、公開劇場の半数にあたる全国16館で行われる。
[高橋克則]

『劇場版「空の境界」未来福音』
2013年9月28日(土)公開
/http://www.karanokyoukai.com/

[舞台挨拶登壇者]
9月28日(土) 須藤友徳監督、あおきえい監督、鈴村健一
9月29日(日) 須藤友徳監督、あおきえい監督、坂本真綾

[舞台挨拶日時]
9月28日(土)
ユナイテッドシネマ前橋 11:50の回(上映終了後)
MOVIXさいたま 15:10の回(上映終了後)/18:20の回(上映前)
テアトル新宿 21:00の回(上映前)
9月29日(日)
ユナイテッドシネマ豊洲 15:00の回(上映終了後)
TOHOシネマズ錦糸町 16:50の回(上映終了後)
テアトル新宿 21:00の回(上映前)

[最速上映館]
テアトル新宿/新宿バルト9/ユナイテッド・シネマ豊洲
横浜ブルク13/TOHOシネマズららぽーと横浜
イオンシネマ海老名/京成ローザ10/シネプレックス水戸
ディノスシネマズ札幌劇場/109シネマズ名古屋
シネ・リーブル梅田/梅田ブルク7/TOHOシネマズなんば
広島バルト11/ufotable CINEMA/T・ジョイ博多
《高橋克則》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集