「デッドプール」国内興収7億1175万円突破 初日、週末のWトップに | アニメ!アニメ!

「デッドプール」国内興収7億1175万円突破 初日、週末のWトップに

ニュース

2016年6月1日に公開された映画『デッドプール』が好調だ。公開初日には平日の水曜日にも関わらず興行収入1億6419万円を記録。さらに今回、公開から初の週末を迎え、5日間で興行収入7.1億円と大ヒットを記録していることが明らかになった。

『デッドプール』は、『スパイダーマン』や『アイアンマン』など様々なヒーローがいるマーベル・コミックの作品の一つだ。他のヒーローとは逸脱した自由奔放で無責任なキャラクター性で、ファンから愛されている。
映画ではデッドプールの持ち味である自由さ、無責任さが存分に描かれている。さらに自身を実験台にした男への復讐劇というハードなストーリや、R指定ならではの過激なアクションシーンで、ファンからも高い評価を受けている。

日本公開に先駆けて、本映画は全米や全世界120ヵ国でもR指定オープニング成績No.1や大ヒットを記録した。日本では744スクリーンにて、6月1日より公開した。レディースデーや映画の日が重なり、映画館には多くファンが集結。初日から興行収入1億円を超える大ヒットとなっている。
新たに発表された週末の興行収入は、3億8333万円で動員数は24万8473人。大ヒット上映中の『ズートピア』などを抜き第1位となった。5日間の累計では7億1175万円を記録し、動員も49万6409人となっている。R指定でありながら、初日、週末の興行成績でダブル1位という快挙を成し遂げた。

映画『デッドプール』の大ヒットスタートは、日本で公開されているアメコミ映画の中でもとりわけ注目を集めそうだ。今後この数字をどこまで伸ばすのか、引き続き注目したい。

映画『デッドプール』
(C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集