デビルマン生誕40周年 、飯田馬之介×小松原一男のOVA版がブルーレイ発売決定 | アニメ!アニメ!

デビルマン生誕40周年 、飯田馬之介×小松原一男のOVA版がブルーレイ発売決定

ニュース

2012年は、マンガ家永井豪さんがマンガ『デビルマン』を「週刊少年マガジン」(講談社)に連載を開始して40周年となる。本作はSFマンガの傑作として、日本そして世界のファンやクリエイターに大きな影響を与えてきた。
映像化も度々されている。1972年のテレビアニメシリーズを皮切りに、OVAや実写映画などがある。生誕40周年を記念して、この中から1987年に製作された『デビルマン 誕生編』、1990年に製作された『デビルマン 妖鳥死麗濡編』がBlu-ray Discとして発売されることが決定した。

「デビルマン OVA COLLECTION」としてまとめられたBDは、2本のOVAのほか、1998年に発売されたCD『デビルマン伝説』に収録された音響劇「デビルマン・アーマゲドン編」も音声特典として収録する。「デビルマン・アーマゲドン編」は、デビルマン軍団とサタン率いるデーモン軍団の最終決戦を迫力の音声で描いた。ファンにとっては、見逃せない作品となっている。
さらに16ページのブックレット、「妖鳥シレーヌ編」コンテのデジタル収録もあり、永井豪さん描き下ろしのジャケットイラストで価格は税込9450円だ。

『デビルマン』のアニメと言えば、1972年からテレビ放映された東映アニメーション版が良く知られている。しかし、原作者・永井豪さんが総指揮を務めた今回のOVAの2作品も名作としてファンの間で名高い。
とりわけ注目したいのが、豪華スタッフだ。監督に飯田つとむさん、キャラクターデザイン・作画監督に小松原一夫さん、音楽に川井憲次さんを起用する。
飯田つとむさんは後に、飯田馬之介のクレジットで『おいら宇宙の探鉱夫』、『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』の監督を務める。『トワノクオン』を遺作に2010年に49歳という若さで世を去った。
また、やはり故人であるキャラクターデザイン・作画監督の小松原一夫さんは、テレビシリーズに続く挑戦となっている。永井豪キャラクターに定評のある小松原一夫さんだが、このOVA版では柔らかさを感じさせる人間味のあるデザインが特徴となっている。アニメ史に残る傑作として外せない作品だけに、これを機会に是非、手に取りたいところだ。



「デビルマン OVA COLLECTION」
OVA全2話「誕生編」「妖鳥シレーヌ編」、音響劇「デビルマン・アーマゲドン編」収録
封入特典: 16Pブックレット
映像特典: TV-CF集、「妖鳥シレーヌ編」コンテをデジタル収録
音声特典: 音響劇「デビルマン・アーマゲドン編」
仕様 ジャケットイラストは永井豪によるイラストを使用
価格: 9450(税込)
スペック:カラー/109分予定(本編約108分+映像特典約1分)/リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD50G×1枚/4:3<1080p High Definition>

[スタッフ]
「誕生編」
脚本: 永井 豪・飯田つとむ/製作: 講談社・キングレコード
「妖鳥シレーヌ編」
脚本: 飯田つとむ/製作: 講談社・バンダイビジュアル

原作・総指揮: 永井 豪
監督: 飯田つとむ
キャラクターデザイン・作画監督: 小松原一男
作画監督: 安藤正浩
音楽: 川井憲次
音響監督: 千葉 繁
美術監督: 宮前光春 
撮影監督: 玉川芳行
アニメーション制作: オープロダクション 他

[キャスト]
不動明・デビルマン: 速水奨
不動礼次郎: 津嘉山正種
不動須す弥子みこ: 池田昌子
牧村美樹: 高野槙じゅん
飛鳥 了: 水島裕
ジンメン: 青野 武
カイム: 石塚運昇
シレーヌ: 榊原良子
ゲルマー: 立木文彦 他
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 400年の伝統でブロンズ製デビルマン像を制作 生誕40周年記念で発売 画像 400年の伝統でブロンズ製デビルマン像を制作 生誕40周年記念で発売
  • スーパーロボット超合金「マジンガーZ デビルマンカラー」先行販売&永井豪握手会開催 画像 スーパーロボット超合金「マジンガーZ デビルマンカラー」先行販売&永井豪握手会開催
  • 永井豪デビュー40周年 池袋で特集イベント開催 画像 永井豪デビュー40周年 池袋で特集イベント開催

特集