バンダイナムコHD 来夏にフィリピンに新工場建設、現地法人を設立へ | アニメ!アニメ!

バンダイナムコHD 来夏にフィリピンに新工場建設、現地法人を設立へ

ニュース

国内エンタテインメント大手のバンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、2012年10月にフィリピンに現地法人BANDAI (PHILIPINES) INC.(仮称)を設立する。新会社は同国のバタンガス州リマ工業団地に本社を置き、現地工場を建設、カプセル玩具やフィギュアなどの生産をする予定だ。
BANDAI (PHILIPINES) INC.の資本金は4億ペソ(約7億4500万円)、代表取締役には石井敦樹氏が就任する。バンダイナムコHDの子会社であるBANDAI (H.K。) INC.が100%出資をし、グループの東南アジア戦略の生産部門の要のひとつとなることが期待される。

バンダイナムコHDによれば、今回の新会社・工場の設立は、海外事業強化に向けた生産体制の確立にある。フィリピンでの生産で従来よりもスピーディーな対応と価格競争力の実現、安定供給を実現する。同社が目指すグローバルビジネス展開の一環となる。
フィリピン工場は約2万6000m2の敷地に、約1万m2の建物が建設される。2013年夏に稼働開始する予定だ。

バンダイナムコHDは、これまでも海外展開に積極的に展開している。なかでもアジア地域は大きな市場で、香港にはBANDAI (H.K。) INC.のほかBANPRESTO(H.K.)LTD.、中国にはBANDAI (GUANGZHOU) CO.,LTD. 、BANDAI (SHENZHEN) CO.,LTD.(中国)、NAMCO ENTERPRISES ASIA LTD.などがある。さらに製造拠点としてはタイのBANDAI INDUSTRIAL CO., LTD.が稼働中だ。
しかし、フリピンでの自社生産は初となる。これはフィリピンの政情が近年安定していることに加えて、人件費を中心に製造コストがあがって中国や他のアジア諸国に比べて、価格競争力が保てるとの判断がありそうだ。さらに、ビジネス拠点を分散させることで、生産や事業の集中によるリスクを避けたものと思われる。グローバル展開を掲げるバンダイナムコHDの今後の取り組みが注目される。

バンダイナムコホールディングス
/http://www.bandainamco.co.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • バンダイナムコHD ヨーロッパ子会社再編で2社合併 画像 バンダイナムコHD ヨーロッパ子会社再編で2社合併
  • PSPソフト「るろうに剣心」 TV版アニメも含めカット総数500枚以上収録 画像 PSPソフト「るろうに剣心」 TV版アニメも含めカット総数500枚以上収録
  • 完全新作OVAも同梱 「エウレカセブンAO―ユングフラウの花々たち」 画像 完全新作OVAも同梱 「エウレカセブンAO―ユングフラウの花々たち」

特集