「トータル・イクリプス」LAプレミア 栗林みな実、ayami、吉宗鋼紀に大声援 | アニメ!アニメ!

「トータル・イクリプス」LAプレミア 栗林みな実、ayami、吉宗鋼紀に大声援

イベント・レポート 海外イベント

6月29日から7月2日まで、米国・ロサンゼルスで北米最大規模の日本のアニメ・マンガのイベント アニメエキスポ2012(Anime Expo 2012)が開催された。このなかで日本でも今月より放送がスタートした話題のテレビアニメ『トータル・イクリプス』のプレミア上映が行われた。
イベントには原作者・製作総指揮の吉宗鋼紀さん、エンディングテーマと劇中歌を担当した栗林みな実さん、新人歌手でやはり劇中歌担当するayamiさんが登壇した。関係者も参加するなかで第1話、第2話を上映、さらにミニライブイベントも行われた。

イベントではまず、吉宗鋼紀さんが本作の重要な鍵となる人型兵器、戦術歩行戦闘機(戦術機)が最初に開発されたのはアメリカであることを説明。「いわば、人類の窮地を救っているのはアメリカのおかげです!ありがとう!」とスピーチすると、会場に集まった1100名の観客からU・S・Aコールが沸き立ち、大きな盛り上がりを見せた。
続けてayamiさんが劇中歌「Apocalypse of Destiny」、栗林みな実さんが「True 4 Eyes」を披露した。これをサイリウムを持った観客が応援した。これに『トータル・イクリプス』第1話、第2話の全米初上映が続いた。

なかでも最後の栗林みな実さんの「signs~朔月一夜~」のパフォーマンスは、大きな盛り上がりとなった。これは日本でも披露してないもので、約1100名の観客からの喝采を受けた。
栗林さんはイベント終了後、今回の訪米について「EDテーマ「sign ~朔月一夜~」の壮大な世界観を演出するため、ロサンゼルス近郊の広大な荒野の中でミュージックビデオを撮影しております。 どういったミュージックビデオになるか、ぜひとも引き続きご期待いただければと思います。」とコメントした。

吉宗鋼紀さんaimiさんもコメントしている。

吉宗鋼紀さん
「この作品は、窮地に立ったときに何を選択し何を決断するのか、そんな人間の成長をテーマに描いています。第3話以降はアラスカを舞台になっておりますので、引き続き応援してください。また昨年、日本で起きた震災の際、アメリカから多くの支援を頂きましたこと、一人の日本人として感謝を気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございました。」

ayamiさん
「海外でのパフォーマンスは初めてで緊張しましたが、皆さんの暖かい声援のおかげで楽しめました。今後ともトータル・イクリプスを宜しくお願いします。」

『トータル・イクリプス』は、アージュの人気ゲームソフト「マブラヴ」シリーズから生まれたシェアワールド作品である。2007年に「テックジャイアン」誌上で、原作の連載がスタート。以来、フィギュア、コミカライズ、ラジオ番組など、さまざまな形で展開を広げ、いよいよこの夏よりTVアニメシリーズが放送開始となった。「マブラヴ」シリーズのアニメ化は、本作が初めてとなる。
テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送、AT-Xの各局で放送中。また、ニコニコ動画での無料配信もおこなう。




「トータル・イクリプス」エンディングテーマ
「signs ~朔月一夜~」 
発売日: 8月22日(水) 
トータル・イクリプス盤(期間限定生産)CD+DVD 1890円(税込)
アーティスト盤 CD+DVD 1890円(税込) 
通常盤 CD 1260円(税込)

『トータル・イクリプス』 
公式サイト /http://muv-luv-te-anime.com/
公式Twitter @TE_anime
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集