ロサンゼルスのアニメイベントAM2 3日間で1万5000人 | アニメ!アニメ!

ロサンゼルスのアニメイベントAM2 3日間で1万5000人

ニュース

6月15日から17日まで、米国・ロサンゼルス郊外のアナハイムで日本のアニメとマンガ、ポップカルチャーをテーマにした大型イベントAM2で開催された。会期中は日本からの人気クリエイターらをゲストに招いたほか、日本映画のプレミア上映やコスプレ大会、サイン会などで賑わった。
主催者発表によれば、期間中の来場者数は実数で1万5000人(延べ人数では数万人)となった。AM2はスタートしたばかり、今年2年目のイベントだが、昨年の実績を大きく上回ったとしている。

日本から『カウボーイビバップ』や『トワノクオン』などで知られるアニメーターの川元利浩さん、『蟲師』の監督などを務めた長濱博史さんらが参加した。大物ゲストのトークなどが人気を集めた。
また、日本独特のロリータ&パンクテイストを打ち出すファッションPUTUMAYO(プトマヨ)が、プレゼンテーションを行った。映画『逆転裁判』、『怪物くん』などの上映を行い、アニメやマンガだけにとどまらない幅広い日本文化の紹介が目指された。

AM2はロサンゼルスの大型アニメコンベンションであるアニメエキスポ(AnimeExpo)の旧スタッフが、新たに立ち上げたイベントだ。昨年はアニメエキスポと日程が重なるなどでファンにも混乱も見られたが、今年は開催期間がずれるかたちとなった。
一方で、AM2はこれまでの米国のアニメコンベンションとは異なるコンセプトを打ち出していることで注目を集めている。ひとつはコンベンションの入場無料を打ち出していることである。誰でも気軽に足を向けられるようにし、集客を高める。これは来場者だけでなく、グッズ販売などを行う小売店などのブース出展者にも魅力的になる。
同時に優先入場やゲストとの限定イベントに参加出来る有料パスポートの販売をする。無料と有料を組み合わせたアニメコンベンションの新しいビジネスモデルに挑戦している。

AM2
http://twitter.com/AM2Con
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集