押井守も納得、「劇場版 BLOOD-C」 大ヒット御礼舞台挨拶にCLAMPから激励 | アニメ!アニメ!

押井守も納得、「劇場版 BLOOD-C」 大ヒット御礼舞台挨拶にCLAMPから激励

『劇場版BLOOD-C The Last Dark』が、好評を博している。そんな映画のヒットを受けて、6月16日に都内・MOVIX亀有にて「大ヒット御礼舞台挨拶」が行われた。

イベント・レポート
左から浅野真澄さん、福山潤さん、塩谷直義監督
  • 左から浅野真澄さん、福山潤さん、塩谷直義監督
6月2日に全国公開をスタートした『劇場版BLOOD-C The Last Dark』が、好評を博している。そんな映画のヒットを受けて、6月16日に都内・MOVIX亀有にて「大ヒット御礼舞台挨拶」が行われた。
舞台に登壇したのは、塩谷直義監督、そして福山潤さん、浅野真澄さんのふたりのボイスキャストである。福山潤さん、浅野真澄さんはテレビシリーズから引き続きの出演だが、映画ではまた趣の異なった役割が与えられている。当日の挨拶では、そうしたことにまつわるエピソードも紹介され、劇場を埋め尽くしたファンを唸らせた。

福山潤さんのキャラクターは、犬こと四月一日である。テレビシリーズでは、犬は記憶を失った小夜に自分を取り戻すきっかけを与えるなど様々役割を果たした。しかし、その正体が明かされることはなかった。
映画ではその正体が本作の原案を担当したクリエイティブユニットCLAMPの人気シリーズ『XXXHOLiC』に登場する四月一日だったことが明かされている。作品間をキャラクターが行き来するCLAMPらしい洒落たアイディアだ。
ステージ上の福山さんには、そんなCLAMPからメッセージが届けられ、披露された。
「福山潤君。『XXXHOLiC』以外にも四月一日を演じ続けて下さって、本当に有難う御座います。TV版『BLOOD-C』アフレコでお会いした時に、「この話しの最後のセリフ、犬ですか?」と驚いていらしたのが、忘れられません。今回は店主姿の四月一日で、映画初出演となりました。
これからも彼はちょくちょく他作品に出る、かもしれませんので、その時はよろしくお願い致します。」

また、塩谷監督からは、本作を押井守監督が観たというエピソードも紹介された。「(プロダクションI.Gの)社長から「押井守監督、昨日見たから。」と言われました。冒頭だけ見せるつもりが全部観てくれたそうで、押井さんからは、「よく頑張った。やったな。」といってもらえた。映画を最後までみていただけたことが何よりうれしいことだった」と語った。BLOODシリーズにとっては、大きな存在である押井守監督の評価に監督も安心の様子だ。

さらに監督は四月一日と網埜優花の裏設定も披露。政治家を目指す網埜優花が、蔵人と文人と双方に通じており、彼女はどちらが勝っても都知事にはなれるように企んでいたという。
さらに四月一日については、「小夜と四月一日がいちばん近い役柄。」と説明する。様々な質問がされるが、今回の四月一日が言っていることがすべて答えになっていると話す。

『劇場版BLOOD-C The Last Dark』画は、東京を舞台に久遠の時を生きる少女 小夜と異形なる<古きもの>との戦いを描く。大切なものをすべて失った小夜の愛憎入り乱れる復讐劇が、みどころだ。

『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』
6月2日(土)全国ロードショー 
配給:松竹
http://blood-c-movie.jp/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集