学生CGコンテストの作品募集 7月9日より開始 メディア、ジャンルを横断 | アニメ!アニメ!

学生CGコンテストの作品募集 7月9日より開始 メディア、ジャンルを横断

ニュース

CG-ARTS協会は、第18回学生CGコンテストの作品募集を7月9日より開始する。募集作品は、アート、デザイン、アニメーション、映像、マンガ、ゲーム、アプリなどジャンルを問わず、テーマも自由である。
学生CGコンテストは1995年から開始されただけに、若手クリエイターの登竜門としては歴史あるものになりつつある。それとともに新しいメディアやテクノロジーの広がりによって、作品の表現や形態の変化や作り手と受け手の関係の変遷も見据えてきた。
その一方でジャンルを横断するような作品や、これまでの定義では評価し難い作品も増えてきた。そのため昨年度はコンテストのコンセプトや仕組みを大幅に刷新し、部門を廃止した。

応募資格は学生であることで、今年3月に卒業した者の卒業制作作品や学生が主体となって制作された研究室のプロジェクトなどを対象としている。応募方法は、自身のサイトのほかニコニコ動画、YouTube、Vimeo、pixiv、Flickrなどへ公開したうえでエントリーする。
審査基準は、新しいことにチャレンジする姿勢を感じられるか、テーマやメッセージを持っているか、表現に相応しいメディアやテクノロジーを用いているかがポイントとなっている。応募された資料などでのプレゼンテーション力も加味される。応募期間は9月18日まで。

各賞はCampus Genius Award GOLD(最優秀賞)1作品、Campus Genius Award SILVER(優秀賞)5作品であるが、審査員が特定の側面を評価した賞や、企業やプロダクションの視点による賞、鑑賞者によって選ばれる賞なども用意されている。
応募要項の発表は6月15日に行われ、この模様はUSTREAMでも配信された。USTREAMでの配信も刷新の1つとして昨年度から開始されている。今後も結果発表などの進捗状況を逐一配信する。
[真狩祐志]

学生CGコンテスト
http://www.cgarts.or.jp/scg/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集