アニメ「戦国BASARA」 宮城のまつりと今年もタイアップ 描き下ろしイラスト提供 | アニメ!アニメ!

アニメ「戦国BASARA」 宮城のまつりと今年もタイアップ 描き下ろしイラスト提供

ニュース

2010年、2011年と宮城県で開催されるイベント 政宗公まつり、鬼小十郎まつりとタイアップしてきたアニメ『戦国 BASARA』が、2012年に3たびコラボレーションをする。
アニメ『戦国 BASARA』では、宮城県に縁が深い武将・伊達政宗、その家臣である片倉小十郎が大活躍をする。そこで2010年から、本作が地元の祭りの告知などで様々な協力をしてきた。
テレビアニメ、劇場公開は終了したが、本作の人気は依然高い。そうしたなかで今年も引き続き作品と祭りがタイアップすることになった。政宗公まつりは9月に大崎市で、鬼小十郎まつりは10月に片倉小十郎の地元 白石市で開催される。

アニメ『戦国BASARA』は、カプコンの戦国アクションゲーム「戦国 BASARA」シリーズを原作としている。2009年と2010年に、二度にわたりテレビシリーズとして放映された。さらに2011年は完全新作の『劇場版 戦国BASARA -The LastParty-』が公開された人気タイトルだ。
作品と宮城県とのタイアップは2009年からスタートしている。「笹かまぼこ」や「ずんだ餅」、「BASARA米」、「白石温麺」などのご当地名産品とのタイアップ、またタクシーやバスといった地元交通機関とのタイアップなど地元に根差した、幅広いコラボレーションが話題となった。

政宗公まつり、鬼小十郎まつりでは、祭りのためにオリジナルイラスト・ポスターが提供され、多くのファンから支持された。祭りで先行発売されたタイアップ商品は、売り切れが続出するほどの人気となった。
2012年もアニメ『戦国 BASARA』は、作品を通じ宮城を応援する。新たに描き下ろしイラストを制作し、告知ポスターとして提供する。新しいイラストは現在制作中だ。

今回のタイアップは、2011年に東日本大震災により宮城県をはじめとする東北地方が大きな被害を受けたことから、この復興を支援する目的がある。
震災から1年経つが、復興までの長期的な支援が必要とされている。そこで引き続きアニメを活用した支援を続ける。地元企業によるキャラクター商品化での経済活性化、キャラクタータイアップによる観光の集客を目指す。

政宗公まつり(宮城県大崎市ホームページ内)
http://www.city.osaki.miyagi.jp/event/date-masamune.html
鬼小十郎まつり公式サイト
http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/section/kikaku/onikojyuro/

『劇場版 戦国BASARA -The Last Party』
公式サイト http://www.basara-movie2011.com/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 「戦国BASARA米」 Cool に炊いて10日間で1トン突破 画像 「戦国BASARA米」 Cool に炊いて10日間で1トン突破
  • 戦国BASARAカフェ 食材は宮城から 伊達軍ツアーも開催 画像 戦国BASARAカフェ 食材は宮城から 伊達軍ツアーも開催
  • アニメ「戦国BASARA」さらに続く  「政宗公まつり」とタイアップ 画像 アニメ「戦国BASARA」さらに続く  「政宗公まつり」とタイアップ

特集