富士吉田市のPRキャラ「桜織(さおり)ちゃん」 GWに痛車でレース出場  | アニメ!アニメ!

富士吉田市のPRキャラ「桜織(さおり)ちゃん」 GWに痛車でレース出場 

ニュース

富士山の麓に位置し、観光が盛んな山梨県富士吉田市は、可愛い女の子キャラクター「桜織(さおり)」を活用した観光PRを積極的に進めている。
桜織は、2012年2月23日に山梨県富士吉田市の新しい観光PRキャラクターとして決定したばかりだ。富士山をイメージした水色を基調とした淡い色遣い、現代風の可愛いらしいデザインが特徴となっている。公募によって決定した「桜織(さおり)」の愛称は、富士吉田の市花でもある富士桜の「桜」と、当地を代表する織物産業の「織」を重ねたものだという。

誕生から間もないが、桜織は早くも地元PRのためにアクティブに活動を始めている。2月23日にはキャラクターを車体全面にあしらったラッピングバスが登場、富士五湖地方をはじめ、山梨県内、静岡県内を走行している。
また、限定販売の日本酒 純米大吟醸や、ショコラクランチのパッケージにも登場している。道の駅富士吉田で販売されているが、目を惹くデザインが観光客の話題を呼びそうだ。

さらに5月には、新たな発表があった。「桜織」のキャラクターボイスを人気声優の高森奈津美さんが担当することが発表された。高森奈津美さんはアニメ『Another』の見崎鳴役や『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』深山れいな役で活躍する。今後は、道の駅富士吉田の店舗アナウンスや、5月中旬リニューアルする予定の特設サイトに登場することになる。

さらにゴールデンウィークの5月3日、4日には、地元からほど近い富士スピードウェイを会場とする「Toyota Vitz Race 富士スピードウェイ会場」に、桜織の痛車(Vitz)が出場した。桜織仕様の個性的な車体が、レース会場で多くの来場者から注目を浴びた。
「Vitz Race」は2000年からスタートした自動車レースで、Vitz RS ”TRD Racing”とA級ライセンスがあれば誰でも参加ができる。気軽に参加できる間口の広さで多くの自動車ファンから人気を集めている。桜織の痛車は、そんなレースを華やかに盛り上げる。
日本の伝統を感じさせる富士山、そして日本を代表する産業自動車、さらに現代の新しいカルチャーを感じさせるキャラクター、富士吉田市と桜織の今後の展開に注目だ。

富士吉田市
http://www.fujiyoshida.net/

[桜織とは?」
http://www.fujiyoshida.net/forms/info/info.aspx?info_id=24850

TOYOTA Vitzレース
http://netz.jp/netzcup/
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

  • 手塚キャラがアキバ系・萌え系に「osamu moet moso」巡回開始 画像 手塚キャラがアキバ系・萌え系に「osamu moet moso」巡回開始
  • 現場も“萌え”で勝負 世界初の萌え系工具箱「痛箱」発売 画像 現場も“萌え”で勝負 世界初の萌え系工具箱「痛箱」発売
  • 宮城県が観光PRキャラ活用 「アニメむすび丸」を制作 画像 宮城県が観光PRキャラ活用 「アニメむすび丸」を制作

特集