山本寛監督、震災を語る 復興支援アニメ「blossom」プレミア上映で | アニメ!アニメ!

山本寛監督、震災を語る 復興支援アニメ「blossom」プレミア上映で

イベント・レポート

 『かんなぎ』や『フラクタル』など話題作、ヒット作を生み出してきた山本寛監督が、東日本大震災からの復興支援に乗り出した。3月24日、東京国際アニメフェア2012が開催されている東京ビッグサイトにて、山本寛監督が代表取締役を務める株式会社Ordetは、東日本大震災チュリティプロジェクト「Project blossom」を発表した。
 会場ではプロジェクトの第1弾となる長さ約5分のショートアニメ『blossom』も披露された。作品は山本寛監督が3日間徹夜をして、この日のプレミア上映にぎりぎり間に合わせたという。まさに世界初、来場者にとっては貴重な体験である。

       blossom1.jpg
        (c) Project blossom / Ordet

 作品は被災を受けた地に、新たな緑を再生させるというストーリーだ。翼のついた少女たちがそれを助けるというイメージは、アニメらしさと震災復興のテーマをうまく組み合わせている。さらにこの映像にアイスランド出身の世界的なロックバンド シガー・ロスが曲をつける。
 アニメ『blossom』の役割は、作品を起点に国際的なチャリティにつなげることである。アニメを広げることでチャリティを喚起し、集まった資金を震災の被災者、特に子どものために使いたいとする。

 制作に携わった山本寛監督は、これまで9回にもわたり被災地にボランティア活動のため訪れている。その経験から「震災を真摯受け止めたい」と話す。そして、このアニメは自らの東北に対するラブレターだと説明し、これから何が出来るのかを探って行きたいとする。
 さらに「今回の『blossom』は第1弾、スタートに過ぎない」と、今後もさらに活動を広げることを目指している。いろいろなアーティストが参加する、他のアニメスタジオにも力を借りると、支援の輪をさらに広げる第一歩と考えているようだ。

 『blossom』については、今後、シガー・ロスとは異なった音楽をつけたジャパニーズバージョンも制作する。学研の雑誌と伴に無料に配布する計画があるという。プロジェクトに協力する日本アニメの海外配信サイト クランチロールなどを利用した展開も考えている。
 さらにプロジェクト第2弾を自らが連載を持つ吹奏楽雑誌「アインザッツ」の来月号にて発表する。早くも次の行動に取り掛かかっている。

       yamamotokantoku.JPG

株式会社Ordet  /http://ordet.jp/

       blossom2.jpg

       blossom3.jpg
        (c) Project blossom / Ordet
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集