「あの夏で待ってる」第1巻発売開始 最終回キャストコメントも公表 | アニメ!アニメ!

「あの夏で待ってる」第1巻発売開始 最終回キャストコメントも公表

ニュース

 今年1月から、オリジナルのテレビアニメシリーズ『あの夏で待ってる』が放送されている。男の子と女の子の出会いと青春を描いたストーリーが、ファンから好評を浴びている。
 そのBDとDVD第1巻がいよいよ3月23日にリリースされる。BD初回限定版・通常版およびDVD通常版共通特典として、田中将賀さん描き下ろしジャケット、さらにノンテロップOP/EDでコレクション性の高い商品となる。

 なかでもBD初回限定版の特典が豪華だ。上記に加えて羽音たらく描き下ろしスリーブケース、田中将賀さん描き下ろしジャケット(デジパック仕様)、ドラマCD「あの夏でどうしようもないくらい待ってる」、プロローグ・エンドクレジット・3つのショートストーリー、サウンドトラック、特製ブックレット、メインキャスト直筆コメント付き第1話複製台本が特典となる。

 3つのショートストーリーは、第1話「先輩のバイト先」、第2話「先輩の秘密制作会議」、第3話「先輩のペット」である。どんな物語になるかは、商品を買ってのお楽しみだ。さらに特製ブックレットにはスタッフ・キャストのコメント、初期段階のキャラクターイメージなど特典ならではの情報が満載である。
 そして、メインキャスト直筆コメント付き第1話複製台本は、第1話の台本がそのまま縮刷されている。戸松遥さん、島﨑信長さん、石原夏織さん、荻原秀樹さん、阿澄佳奈さん、田村ゆかりさん、日高里菜さんらメインキャストによって、気になるシーンや思い出のシーンなどへのコメントやツッコミが直筆で書かれている。
 価格はそれぞれ、BD初回限定版が7350円、BD通常版が6300円、DVD通常版が5250円である。また、今回の第1巻発売に合わせて、最終回のアフレコが終わった現場からもコメントが届いた。読むと最終回を迎えるのが惜しまれる感じが伝わってくるに違いない。
【真狩祐志】

『あの夏で待ってる』 
公式サイト /http://www.ichika-ichika.com/

『あの夏で待ってる』 最終回アフレコ後インタビュー

ntmc322.jpg貴月イチカ役: 戸松遥さん
霧島海人役: 島﨑信長さん
谷川柑菜役: 石原夏織さん
石垣哲朗役: 荻原秀樹さん
北原美桜役: 阿澄佳奈さん
山乃檸檬役: 田村ゆかりさん
りのん役: 日高里菜さん

■ アフレコがすべて終わり「あの夏で待ってる」を振り返った感想をお願いします。

戸松
「本当にあっという間でした! 毎回丁寧に作品作りに取り組ませていただいて充実した時間でした!
自分自身作品の展開を毎回楽しみに待っていたので最終回どうなるのか最初からずっと気になっていたのが分かってスッキリしました!
振り返ってみると一話と最終話ではビックリするぐらい登場人物たちがこの数ヶ月で大きく成長し、変わっていて毎話本当にたくさんの出来事があったなぁと改めて感じます」

島﨑
「まず何より、本当に楽しかったです。あっという間すぎて、まだ本編の収録が終わったという実感が沸かないのですが、これからだんだんと実感していき、寂しく感じていくのでしょうか。でも本当に気持ちよく最終回を迎えることができました。
こんなに素晴らしいスタッフ・キャストの皆様と一緒に、この素敵な作品を作ることに参加できたこと、
そして霧島海人を演じさせて頂いたことをすごくすごく嬉しく、幸せに思います。
この作品に関わる全ての皆様へ、本当にありがとうございました。
そして、本編の収録は終わりましたがこの後もまだ何かしらあるかと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。最後まで全力を尽くします!!」

石原
「初は、どう柑菜ちゃんと向き合っていったらいいか悩みましたが、回を重ねていく毎に自然とわかってきて演じる事がすごく楽しかったのだ今は終わってしまってちょっぴりさみしいです。」

荻原
「怒濤の11・12話の展開。最後のエピローグ。あぁ、「こうなったんだなぁ」と納得の最終回。
いつもつるんでた仲間、そこにイチカや檸檬先輩が加わって、この夏で多く事を経験し多くのものを学び、最後は一丸となって仲間のイチカの為に行動するお話に心打たれ、最後には2人に涙した、そんな最終回のアフレコでした。
それにしても檸檬先輩格好良すぎる! そしてなにより、まだまだ『哲朗』を演じていたいです!」

阿澄
「ステキなひと夏の思い出をいただきました…!毎週ドキドキでワクワクでせつなくて、こんなに胸が苦しくなったのは久しぶりでした。
でもめちゃくちゃ楽しかったです。超楽しかったです。とっても心を揺り動かされた作品でした♪」

田村
「揺れ動く微妙な関係に、毎週ドキドキしながらもアフレコを楽しみにしていました!
私も、こんな甘酸っぱい青春を過ごしてみたかったなぁ。
個人的には、哲朗くんがどう動くのかが気になっていたので、11話は、ものすごくテンションが上がりました!」

日高
「とにかくあっという間でした。オリジナルストーリーということで、毎回台本を頂くのが楽しみで楽しみで…☆個人的に『りのん』のようなキャラクターを演じるのが初めてだったので、毎回勉強しつつの楽しい収録でした!」

■ 「あの夏で待ってる」をご覧いただいているファンの皆様へメッセージをお願いいたします。

戸松さん
「まずは最後まで観てくださったみなさま本当にありがとうございました!
この作品では一話から色々なところに伏線が張ってあったり、
ちょっとした表情変化があったり細かいところまで見逃せないポイントがたくさんあります!
視点を置く人を変えるだけても感じ方が大きくちがうと思いますので、是非また一話から観てみてください!
これからもなつまちを宜しくお願いします!ありがとうございました!」

島﨑さん
「あの夏で待ってる」ご視聴頂き誠にありがとうございます。
楽しんで頂けておりましたら、何より嬉しく光栄に思います。
伝えたいこと、言いたいことがありすぎてまとまらないので、最後にこれだけ…皆様、本当に本当にありがとうございました!!!
そして今後ともなつまちをどうかよろしくお願い致します!!!」
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集