米アカデミー賞など多数受賞 「ランゴ」凱旋上映3月10日から | アニメ!アニメ!

米アカデミー賞など多数受賞 「ランゴ」凱旋上映3月10日から

ニュース

RangoFlyer.jpg 米国アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞したフルCGアニメーション映画『ランゴ』が、3月10日から1週間限定で、東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7で再上映されることになった。アカデミー賞受賞を記念した凱旋上映となる。
 場所と期間は限られるが、料金は一般1200円と手頃に設定されている。昨年公開時に映画を観たけれどもう一度見直したい、また、見逃してしまったという映画ファンにはうれしい企画だ。

 『ランゴ』は、日本では2011年10月22日に公開された。作品はペットとして飼われていたカメレオンのランゴが、西部開拓時代風の街に行き着き、荒野の保安官に抜擢されることになる冒険ファンタジーだ。主人公ランゴの声優を務めたジョニー・デップをはじめ、個性豊かな俳優たちが動物たちを演じるのも話題を呼んだ。
 さらにニコロデオンとGKフィルムズによるCGアニメーションの評価が高い。ディズニー/ピクサーやドリームワークス・アニメーションが強さを発揮する米国のCGアニメーション界で、存在感を示した。物語の巧みさもあり、今回の米国アカデミー賞編アニメーション部門を受賞につながった。

 受賞歴はこのほかにも数多い。アニメーションのアカデミー賞とされるアニー賞では長編アニメーション賞をはじめ4部門、英国アカデミー賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞の長編アニメーション賞などを次々と獲得する。2011年に海外で最も注目された長編アニメーション賞である。公開後のそんな実績も念頭に置きながら映画を楽しむのもいいかもしれない。
 凱旋上映では、記念のグッズプレゼントも実施する。両劇場の来場者に先着で、映画特製ランゴ”フィギュアストラップをプレゼントする

映画『ランゴ』
/http://www.rango.jp/

[劇場]
東京:新宿バルト9、大阪:梅田ブルク7
[上映期間]
3月10日(土)~3月16日(金)
[料金]
一般 1200円
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集