京都精華大 パリの大規模日本マンガ展で展覧会や講演など | アニメ!アニメ!

京都精華大 パリの大規模日本マンガ展で展覧会や講演など

マンガ分野の研究と教育で知られる京都精華大学と京都精華大学国際マンガ研究センターが、この「マンガプラネット」に参加する。展覧会、講演会、ワークショップを通じて

ニュース
 2月11日から、フランス・パリの近現代美術館ポンピドゥーセンターで、日本マンガを紹介する大型企画展「マンガプラネット」が開催されている。日本のマンガ関連の資料を多数展示するほか、期間中は講演会、ワークショップ、アニメ上映会などが多数行われる。ポンピドゥーセンターが日本のマンガを初めて本格的に取り上げるものとして、両国での関心が高かまっている。
 マンガ分野の研究と教育で知られる京都精華大学と京都精華大学国際マンガ研究センターが、この「マンガプラネット」に参加する。展覧会、講演会、ワークショップを通じて日仏のマンガを通じた文化交流に協力する。

 京都精華大学が参加するのは、2月27日から3月4日までの1週間である。国際交流基金の支援によりのマンガプラネットへの参加プロジェクが実現した。
 また、同大のプロジェクトの特徴は、マンガ専攻の大学の特徴を活かしたものとなる。マンガ制作の舞台裏を紹介するほか、マンガの創作方法などに力を入れる。

 展覧会は、「原画´(ダッシュ)プロジェクト展」である。「原画´」は、大学の教授でもあるマンガ家の竹宮惠子さんが、マンガ原稿の保存と公開を目的として研究開発した複製マンガ原画である。これにより制作された日本のマンガ家14名の作品約80点を展示する。
 また、マンガ学部教員らによる講演会、研究員によるワークショップなども行う。とりわけフランスのティーンエイジャー向けにフォーカスする。
 講演では、竹宮惠子さんとこうの史代さんのマンガ作家ふたりが登壇する。また、ワークショップではマンガ家・倉田よしみさんが「ストーリーの作り方」、「キャラクターの作り方」、「『舞台の想像と創造」など複数のテーマでマンガ創作について紹介する。さらに「アシスタント体験」、「ルポマンガ@ポンピドゥーセンター」などユニークなプロジェクトが登場する。大型展覧会の盛り上げに、日本のマンガ教育の開拓者が一役買う。

「マンガプラネット」PLANETE MANGA!
開催日時: 2012年2月11日(土)~5月27日(日)
開催場所: ポンピドゥーセンター(フランス・パリ)
/http://www.centrepompidou.fr/
 
[京都精華大学/京都精華大学国際マンガ研究センター・イベント]
2月27日(月)~3月4日(日)
展覧会: 「原画´(ダッシュ)プロジェクト展」
2月27日(月)~3月4日(日)
マンガワークショップ:
講師: 倉田よしみ(マンガ家)/吉村和真(京都精華大学マンガ学部准教授・国際マンガ研究センター長)/小川剛/久保直子(京都精華大学国際マンガ研究センター研究員) 
3月3日(土)
竹宮惠子講演会 講師:竹宮惠子(京都精華大学マンガ学部長・教授、マンガ家)     
3月4日(日)
こうの史代講演会 講師:こうの史代(マンガ家)
《animeanime》
【注目の記事】[PR]

特集